このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225297
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001243
事例作成日
(Creation date)
2017/11/08登録日時
(Registration date)
2017年11月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月16日 17時55分
質問
(Question)
仏壇にあげる線香が亡くなった人の食べ物になるという話を聞いたが、それは本当なのだろうか。
回答
(Answer)
・死後、四十九日までの間は香りや煙を食とすることから、線香の香りや煙が死者の食べ物となる。
 
・下記資料も紹介。
◆ 『よくわかるお香と線香の教科書』 愛知県線香卸商組合/編 三恵社 2015.1
◆ 『全書先祖をまつる』 村山広甫/著 ひかりのくに 1994.11
◆ 『日本人のための仏教のしきたり』 ひろさちや/著 大和出版 2007.10
回答プロセス
(Answering process)
①Googleで「線香&故人の食べ物」で検索。
 下記参照URLのサイトを確認。
 →「故人が亡くなってから四十九日が経過するまでに食べるものが線香の香りとされている」とあり。
 
②”線香””仏事”のキーワードでOPAC検索。
 ヒットした資料と1番(180~)の仏教の棚をブラウジング。
 
 →『よくわかるお香と線香の教科書』 愛知県線香卸商組合/編 三恵社 2015.1 P77
    「人が亡くなってから忌明けまで食べられるものは「香り」や「煙」だけといわれています。」とあり。
 
 →『全書先祖をまつる』 村山広甫/著 ひかりのくに 1994.11 P106
    「中有にある間の死者の霊は、香を食とするところから~(中略)~中陰の間、お香を絶やさないように務めるのはこのためです。」とあり。
 
 →『日本人のための仏教のしきたり』 ひろさちや/著 大和出版 2007.10 P72
    「【中陰】もしくは【中有】⇒死後四十九日間、生まれ変わり先を決める期間
    中陰の間、死者は姿、形のない、ただ意識だけの存在と考えられ、「意生身(いしょうじん)」とよばれます。この意生身は、香のみを食料とするので
    「食香(じきこう)」ともよばれています。」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576)
仏会  (186)
参考資料
(Reference materials)
日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典 ひろさちや/著 大和出版 2000.12 186, ISBN 4-8047-5572-1
よくわかるお香と線香の教科書 愛知県線香卸商組合/編 三恵社 2015.1 576.6, ISBN 978-4-86487-309-3
全書先祖をまつる 村山広甫/著 ひかりのくに 1994.11 186, ISBN 4-564-40208-0
日本人のための仏教のしきたり ひろさちや/著 大和出版 2007.10 186, ISBN 978-4-8047-6150-3
キーワード
(Keywords)
線香
仏事
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225297解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決