このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225296
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2017-022
事例作成日
(Creation date)
2017/05/04登録日時
(Registration date)
2017年11月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月24日 09時58分
質問
(Question)
東京紡績の社史について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料とウェブサイトに記載があります。
 〇『本邦綿糸紡績史』 第4巻  絹川太一/著  原書房  1990年
 〇『本邦綿糸紡績史』 第1巻  絹川太一/著  原書房  1990年
 〇『大日本紡績株式会社五十年記要』 大日本紡績 1941年(国立国会図書館デジタルコレクションの一般公開資料)
 〇UNITIKA ユニチカ株式会社 ホームページ「ニチボー編 第1章 大日本紡績の誕生と摂津貿易(大正元年~7年)」
   
また、以下のデータベースにも、東京紡績の当時の様子が窺える新聞記事があります。
 【朝日新聞記事データベース 聞蔵Ⅱ】 
  〇1914(大正3)年5月7日 朝刊 P4 「尼紡東紡合併」
   
 【ヨミダス歴史館】 
  〇1887(明治20)年6月18日朝刊 P4 「[広告]会社設立/東京紡績会社」  
  〇1888(明治21)年12月20日朝刊 P2 「東京紡績会社の社屋完成 来春早々開業へ/東京深川」
  〇1892(明治25)年6月27日朝刊 P2 「深川の東京紡績会社が15歳以下の女子工員を全員解雇 近辺の貧困者は困惑か」
  〇1910(明治43)年9月28日朝刊 P4 「東京紡績の現況 位置 機械 資本 営業 経営者 寄宿舎 病院 看護婦」
  〇1913(大正2)年9月12日朝刊 P2  「東紡合併難」
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
 〇『本邦綿糸紡績史』 第4巻  絹川太一/著 原書房 1990年 
   P15~50 東京紡績会社の設立から尼崎紡績との合併までの社史と、営業成績が記載されている。また、橋場工場の白黒写真あり。  
   
 〇『本邦綿糸紡績史』 第1巻  絹川太一/著 原書房 1990年 
   P315~P319 東京紡績の創立について記載あり。
   
 △『企業名変遷要覧』〔1〕  結城智里/編  日外アソシエーツ  2006年
  下記の項目に、東京紡績の企業名変遷について記載あり。
   P784 東京紡績 「東京紡績→日清紡績・ユニチカ」
   P330 日清紡績 「1924年5月 東京紡績(株)を合併」
   P481 ユニチカ   「1914年8月 東京紡績(株)を合併」
   
 △『明治時代史大辞典』1  宮地正人/編  吉川弘文館  2011年
   P505 鹿島紡績の項目に、
    「明治20年(1887)(鹿島萬平氏の)長男万兵衛の呼びかけで繰綿問屋が東京紡績を設立する」と記載あり。
   
 △『国史大辞典』 3  国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983年
   P281 鹿島紡績所の項目に、
    「明治二十年、(鹿島萬平氏の)長男万兵衛の奔走によって、東京の有力繰綿問屋を中心に東京紡績株式会社が設立されるに及んで、同社に一万四千円で売却された。」と記載あり。
 
 △『近代日本会社史総覧』 下巻  日本図書センター  2012年
   P493~494 大日本紡績株式会社の社史に、東京紡績を合併した旨の記載あり。
  
  
2、インターネット情報の確認
 【UNITIKA ユニチカ株式会社 ホームページ】
  トップページ>歴史アーカイブ>ユニチカ百年史
  〇「ニチボー編 第1章 大日本紡績の誕生と摂津貿易(大正元年~7年)」P1~2
    「東京紡績は明治20年4月に設立されたもので、その源流がわが国民間紡績で最も古い鹿島紡績所である。東京紡績は東京深川(当時は東京市深川区東大工町小名木川沿岸)に本社工場があったが、明治41年に創立20周年を記念して、新たに東京荒川の南千住地方橋場(現・荒川区南千住8丁目)に橋場工場を建設した。」と記載あり。
     また、大正3年8月1日に、東京紡績と尼崎紡績(後の大日本紡績会社・現ユニチカ)が合併した際の経緯について記載あり。
  
 【渋沢社史データベース】
  キーワード「東京紡績」で検索。
  〇『大日本紡績株式会社五十年記要』 大日本紡績 1941年
   (国立国会図書館デジタルコレクションの一般公開資料)
    P67~71 東京紡績の創立から合併までの解説と、合併契約要項の記載あり。
   
   
3、データベースの確認
 以下のデータベースに、東京紡績の当時の様子が窺える新聞記事の記載あり。
  
 【朝日新聞記事データベース 聞蔵Ⅱ】 キーワード「東京紡績」
  〇1914(大正3)年5月7日 朝刊 P4 「尼紡東紡合併」
   
 【ヨミダス歴史館】キーワード「東京紡績」
  〇1887(明治20)年6月18日朝刊 P4 「[広告]会社設立/東京紡績会社」  
  〇1888(明治21)年12月20日朝刊 P2 「東京紡績会社の社屋完成 来春早々開業へ/東京深川」
  〇1892(明治25)年6月27日朝刊 P2 「深川の東京紡績会社が15歳以下の女子工員を全員解雇 近辺の貧困者は困惑か」
  〇1910(明治43)年9月28日朝刊 P4 「東京紡績の現況 位置 機械 資本 営業 経営者 寄宿舎 病院 看護婦」
  〇1913(大正2)年9月12日朝刊 P2  「東紡合併難」
  
4、記載のなかった資料
 ×『日本大百科全書 17』小学館 1987
 ×『日本の創業者』日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2010年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
繊維工学  (586 9版)
企業.経営  (335 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
本邦綿糸紡績史 第4巻 絹川太一/著 原書房 1990.12 586.221 4-562-02152-7
本邦綿糸紡績史 第1巻 絹川太一/著 原書房 1990.11 586.221 4-562-02149-7
UNITIKA ユニチカ株式会社 ホームページ http://www.unitika.co.jp 2017/11/21
渋沢社史データベース  https://shashi.shibusawa.or.jp/ 2017/11/21
キーワード
(Keywords)
東京紡績
社史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000225296解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!