このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000224368
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001027877
事例作成日
(Creation date)
2017/10/19登録日時
(Registration date)
2017年11月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月08日 00時30分
質問
(Question)
MBAの分析手法の一つであるMFT(Market Function Technology)について説明された資料はないか。
(関連するwebサイトはいくつか見たが書籍の情報を得たいとのこと。)
回答
(Answer)
【図書】


●『図解基本フレームワーク50 (グロービスMBAキーワード)』 グロービス‖著 (ダイヤモンド社 2015.11)
p.210-213「MFTフレーム」

●『ストーリーで学ぶマーケティングの基本 : 顧客視点で考える「買ってもらえる仕組み」の作り方 (グロービスの実感するMBA)』 グロービス∥著(ダイヤモンド社 2013.8)
p.279-281「第5章補論(1)技術と市場を結びつける」で、MFTフレームについて述べられている。
p.280「図表5-5 MFTフレーム」

●『利益思考』 グロービス∥著 (東洋経済新報社 2010.4)
p.144-152「ビジネスに生かせる発想テクニック(2)ニーズ発想とシーズ発想」
p.147-152「ニーズとシーズを結びつける『MTFフレーム』」(ママ ※)
p.149「図表3-7 MTFフレーム」(ママ ※)
※ 解説の文章は「MFT」となっている。

●『グロービスMBA事業開発マネジメント』 堀/義人∥監修 (ダイヤモンド社 2010.3)
p.22-27「アイデアを発想するための視点」で、「MFT(M=Market、F=Function、T=Technology)」について述べられている。


[事例作成日:2017年10月19日]
回答プロセス
(Answering process)
「MFT」および「Market Function Technology」をキーワードとして自館の蔵書検索を行うが、適当なものが見つからず。

「MFT」および「Market Function Technology」をキーワードとしてGoogleブックスを検索すると、洋書ばかりが上位にあがってくる。

「MFT」をキーワードとしてインターネット検索をすると、「MFTフレーム」を解説したwebサイトが見つかり、フレームワークの一つであることが分かる。

改めて「MFTフレーム」をキーワードとしてGoogleブックスを検索すると、該当の所蔵図書4冊が見つかる。

なお、フレームワークに関する以下の図書も確認したが、MFTについての記述は見当たらず。

●『MBA国際マネジメント事典』 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科∥編 (中央経済社 2007.10)

●『フレームワーク図鑑』 永田/豊志‖監修 (KADOKAWA 2015.3)

●『ビジュアルマーケティング・フレームワーク』 原尻/淳一‖著 (日本経済新聞出版社 2016.7)

●『ビジュアルアイデア発想フレームワーク』 堀/公俊‖著 (日本経済新聞出版社 2014.8)

●『ビジュアルビジネス・フレームワーク』 堀/公俊∥著 (日本経済新聞出版社 2013.8)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
図解基本フレームワーク50 グロービス‖著 ダイヤモンド社 2015.11
ストーリーで学ぶマーケティングの基本 グロービス∥著 ダイヤモンド社 2013.8
利益思考 グロービス∥著 東洋経済新報社 2010.4
グロービスMBA事業開発マネジメント 堀/義人∥監修 ダイヤモンド社 2010.3
MBA国際マネジメント事典 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科∥編 中央経済社 2007.10
フレームワーク図鑑 永田/豊志‖監修 KADOKAWA 2015.3
ビジュアルマーケティング・フレームワーク 原尻/淳一‖著 日本経済新聞出版社 2016.7
ビジュアルアイデア発想フレームワーク 堀/公俊‖著 日本経済新聞出版社 2014.8
ビジュアルビジネス・フレームワーク 堀/公俊∥著 日本経済新聞出版社 2013.8
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000224368解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決