このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000224116
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-067
事例作成日
(Creation date)
2017年03月28日登録日時
(Registration date)
2017年10月31日 18時15分更新日時
(Last update)
2018年06月03日 11時48分
質問
(Question)
『中島敦全集4』(文治堂書店)の「弟子」に出てくる語の読み、意味、図版を見たい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
1 語の読みと意味
『李陵、弟子、山月記 旺文社文庫特製版』(中島敦著 旺文社 1969)
上記の資料で確認できなかった「垂冠」の読みは、
『大漢和辞典 第3巻』(諸橋轍次著 大修館書店 1984)の「垂」の項にあり。
(1)蓬頭突鬢(ほうとうとつびん)
(2)垂冠(すいかん)(注)大漢和辞典の表記は「スイクワン」
(3)短後(たんこう)の衣
(4)圜冠句履(えんかんこうり)
(5)〔玉偏に夬〕(けつ) (注)表示環境に依存するため、画像に偏旁を付記。
(6)几(き)
 なお、「荘子」の「説剣篇第三十」に(1)、(2)、(3)、「田子方篇第二十一」五に(4)、(5)の語が確認できる。

2 図
『大きな活字の全訳漢辞海』(佐藤進[ほか]編 三省堂 2011)
 p922に(5)、p154-155に(6)についての図版が確認できる。
 (1)から(4)はなし。
回答プロセス
(Answering process)
1 作品の出現箇所を特定する。
『中島敦全集 4』(中島敦著 文治堂書店 1961)
 p236 11行目「燕角の弧に朔蓬の やがら(たけかんむりに「幹」)をつがへて」
 p237 7行目「鳥號の弓に(其に糸)衞の矢をつがへ」
 p238 14行目「西の方大行の嶮に攀ぢ、霍山の頂を極めよ。」
 p240 8行目「烏漆の弓も粛愼の矢もいらぬ。」
 p241 15行目「古の名人・げい(羽に廾)と養由基の二人を」

2 現代語訳や注を調べる。
『李陵、弟子、山月記 旺文社文庫特製版』(回答資料)

3 参考図書を調べる
(1)『大きな活字の全訳漢辞海』(回答資料)

(2)『中国人名事典 古代から現代まで』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ 1993)
   げい(羽に廾)も養由基もなし。

(3)『中国歴史文化事典』(孟慶遠〔ほか〕編著 小島晋治訳 新潮社 1998)
   p225「げい(羽に廾)」の項あり。「神話・伝説中の弓射の名人。」
   p1009「ようゆうき 養・由基」あり。「生没年不詳 春秋時代の弓の名人」

(4)『現代中国地名辞典』(和泉新編 学習研究社 1981)
   p65「かくざん【霍山】」あり。
   p312「たいがくさん【太岳山】」あり。
   p315「たいこうさん【太行山】」あり。

(5)『精選中国地名辞典』(塩英哲編訳 凌雲出版 1983)
   p112-113「かくざん 霍山」あり。
   p510「たいこうさん 太行山」あり

(6)『大漢和辞典 第3巻』(回答資料)
 
4 原典に出ている語か確かめる
(1)《Wikipedia》「名人伝」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E4%BA%BA%E4%BC%9D  ウィキメディア財団)の「原典」
  「『列子』を主な素材としている。紀昌、飛衛、甘蠅は『列子』湯問第五篇に弓の名手として登場する。弓の技量を示す作中の逸話は『列子』黄帝篇・仲尼篇、『戦国策』等に別々にあるものを中島が再構成。」とあり。

(2)『中島敦の作品研究 国文学研究叢書』(浜川勝彦著 明治書院 1976)
   p255「「名人伝」も又、中国古典によっており、ほとんど全体が『列子』を典拠としている」とあり。

(3)『中国古典文学大系 第4巻 老子』(平凡社 1994)
   p324-325 列子 湯問篇 の十四に「飛衛に弓術を学んだ紀昌」あり。
   p324「燕の国の獣の角で作った弓、北辺に生じる蓬を〔やがら〕(たけかんむりに幹)とした矢で」とあり。
   p325 注13「「燕角」は燕の地方で産する獣の角。」
   p287-291 列子 仲尼篇の十三に「公孫竜の詭弁」あり。
   p287「烏号という名弓に「き(其に糸)衛の地で作られた上質の矢をつがえて」
   p289注18「「烏号の弓は(中略)柘(やまぐわ)で作った弓。」「き(其に糸)衛は箭の出ずる所なり」


5 霍山が掲載されている地図を探す
(1)『地図で知る中国・東アジア』(稲畑耕一郎〔ほか〕編集 平凡社 1994)
   p43 B-5に霍山あり。安徽省なので、お探しの霍山とは違うか。

(2)『中国国勢地図』(中国地図出版社編 帝国書院 1987)
   p43 D-2に霍山あり。山西省なので、こちらか。ただ、この地図では太岳山の一部に見えるが、「名人伝」の文章では、太岳山の右にある太行山として霍山は書かれている。

〈その他調査済み資料)
『山月記 スラよみ!現代語訳名作シリーズ 2』(中島敦作 小前亮現代語訳 理論社 2014)
『李陵 旺文社文庫』(中島敦著 旺文社 1978)
『李陵 角川文庫』(中島敦著 角川書店 1978)
『近代文学鑑賞講座 15 中島敦・梶井基次郎』(角川書店 1959)

ウェブサイトの最終アクセス日は2018年3月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『李陵、弟子、山月記 旺文社文庫特製版』(中島敦著 旺文社 1969)
『大漢和辞典 第3巻』(諸橋轍次著 大修館書店 1986), ISBN 4-469-03123-2
『大きな活字の全訳漢辞海』(佐藤進[ほか]編 三省堂 2011), ISBN 978-4-385-14053-7
キーワード
(Keywords)
中島 敦(ナカジマ アツシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000224116解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決