このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000223995
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図17-5
事例作成日
(Creation date)
2017年06月16日登録日時
(Registration date)
2017年10月28日 14時09分更新日時
(Last update)
2017年10月28日 14時09分
質問
(Question)
地球の自転とLOD(Length of Day 、一日の長さ)について詳しく知りたい。できれば図のあるものが良い。
回答
(Answer)
以下の①、②の図書を紹介した。

①『暦の科学』(片山真人、ベレ出版、2012)
→p.131-142「第6章 満潮と干潮」では、潮汐が起こると地球の自転が遅くなり、1日が長くなることを紹介している。P.140には、潮汐によって自転が減速する図と、「1日の長さの変化(86400秒からの超過量)」という図が掲載されている。

②『わかる「時間」(Newton別冊)』(ニュートンプレス、2009)
→p.62-63「5億年前、一日は21時間だった」では、自転の速度が少しずつ遅くなり、1日の長さが長くなっていくことを図とともに紹介している。
回答プロセス
(Answering process)
「421 理論物理学」、「440 天文学」、「449 時法」の書架をブラウジングし、地球の自転と一日の長さの関係に対する解説と、図が掲載されている図書2冊を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
理論物理学  (421)
天文学.宇宙科学  (440)
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
片山真人 著 , 片山, 真人, 1971-. 暦の科学 = THE SCIENCE OF THE CALENDAR. ベレ出版, 2012. (BERET SCIENCE)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023603394-00 , ISBN 9784860643201
わかる「時間」 : 相対性理論から,タイムトラベル,原子時計まで. ニュートンプレス, 2009. (ニュートンムック. Newton別冊)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010545785-00 , ISBN 9784315518627
キーワード
(Keywords)
地球
自転
時間
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000223995解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決