このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000223729
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2017-024
事例作成日
(Creation date)
2017年10月21日登録日時
(Registration date)
2017年10月21日 15時59分更新日時
(Last update)
2018年04月26日 11時00分
質問
(Question)
『鳴海名所八景和歌・織田今川古戦場図』の成立がいつ頃なのか知りたい。
回答
(Answer)
『鳴海名所八景和歌・織田今川古戦場図』の成立時期がわかる資料は見つかりませんでした。ただ、『森幸安の描いた地図 増補改訂』p143に細部は異なりますがよく似た「尾張国鳴見致景図」(国立公文書館蔵)があり、同書の地図解説p346-347によると、この地図は宝暦6年10月25日の模図で「当図は、当春に吉賢が尾州を巡視して尾州名護屋の幅下杉浦氏を訪ね、その四月に杉浦氏より吉賢に贈ることろの図である。吉賢より伝えて模す。」とあります。これらの元となる地図は遅くとも宝暦6年(1756)4月には成立していたと考えてよいのではないでしょうか。
回答プロセス
(Answering process)
「桶狭間」、「古戦場図」、「鳴海」をキーワードとして調べると、「尾張国鳴海致景図(尾張国鳴見致景図)」が見つかり、国立公文書館デジタルアーカイブ( https://www.digital.archives.go.jp/ )でも閲覧できることがわかりました。(2018年4月19日最終確認)細部は異なるもののよく似た地図で、『森幸安の描いた地図 増補改訂』の地図解説にあるように「鳴海八景之和歌引用。鳴見札の辻より所々の道法を付す。」という特徴も同じでした。

「尾張国鳴見致景図」についてさらに「森幸安」をキーワードに調べると、『江戸知識人と地図』が見つかり、森幸安にこの地図を伝えた「吉賢」は「渡辺吉賢」であること(p202)、「幅下杉浦氏」は白壁町居住の「杉崎南栄」だと考えられていること(p207)がわかりました。

なお、『緑区誌』の口絵に『鳴海名所八景和歌・織田今川古戦場図』が掲載されていましたが解説等はありませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
服部鉦太郎/編集 , 服部‖鉦太郎. 鳴海名所八景和歌・織田今川古戦場図 : 東海道“鳴海”文学・歴史資料. 服部鉦太郎, 1969. (郷土古絵図資料叢刊 ; 第2編)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I044850296-00
辻垣晃一, 森洋久 編著 , 辻垣, 晃一, 1972- , 森, 洋久, 1968-. 森幸安の描いた地図 増補改訂. 臨川書店, 2016. (日文研叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027214879-00 , ISBN 9784653043171
上杉和央 著 , 上杉, 和央, 1975-. 江戸知識人と地図. 京都大学学術出版会, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010777583-00 , ISBN 9784876987955
緑区制50周年記念事業実行委員会/編さん , 緑区制50周年記念事業実行委員会. [名古屋市]緑区誌区制50周年記念. 緑区制50周年記念事業実行委員会, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I061650772-00
キーワード
(Keywords)
尾張国鳴海致景図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000223729解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!