このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000223273
提供館
(Library)
小野市立図書館 (2300029)管理番号
(Control number)
小野29-071
事例作成日
(Creation date)
2017年10月18日登録日時
(Registration date)
2017年10月18日 12時19分更新日時
(Last update)
2017年11月09日 16時54分
質問
(Question)
インターネットショッピングを使うと、どのくらい時間は節約できるのか?年代ごとのデータが欲しい。
回答
(Answer)
『平成28年版 情報通信白書』 第1章 第4節「経済社会に対するICTの多面的な貢献」 p69にインターネットショッピングによって節約される時間の調査結果が載っていました。
「経済社会に対するICTの多面的な貢献」(PDF)最終確認(2017.11.3)

また、以下のサイトでも電子商取引(eコマース)における節約時間が年代別に調査されていたため、紹介しました。

株式会社 情報通信総合研究所 報道発表(2017年)
「eコマースで年間274時間の節約!! 利用頻度増加による時間節約効果の拡大」より
http://www.icr.co.jp/press/press20170728.pdf(PDF)
最終確認(2017.11.3)
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵の参考図書で調査したが、該当するものがありませんでした。
総務省の情報通信統計データベースより「ネット 節約」のキーワードで検索したところ、『平成28年版 情報通信白書』の該当ページが確認されました。
また、インターネットで「電子商取引 時間節約」のキーワードで検索したところ、上記の「株式会社 情報通信総合研究所 報道発表」が該当しました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済  (330)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
電子商取引
インターネット
節約
照会先
(Institution or person inquired for advice)
株式会社 情報通信総合研究所 http://www.icr.co.jp/press/press20170728.html
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000223273解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!