このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222740
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H29-049
事例作成日
(Creation date)
2017年10月03日登録日時
(Registration date)
2017年10月04日 10時14分更新日時
(Last update)
2018年12月08日 16時33分
質問
(Question)
「おみさ居らねば餅つく気もせず」という一文を誰が書いたか知りたい。
回答
(Answer)
中野好夫の母方の曽祖父、並河聴雨(なみかわ ちょうう)という明治維新頃の丹波篠山藩の儒者が日記に書いた。
中野好夫が『わたしの文章心得』の中で、名文として書いていて、中野孝次がいくつかのエッセイにこの事を引用している。
利用者が以前読んだのは、中野孝次のエッセイだった。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットGoogleでキーワード“おみさおらねば餅つく気もせず”で検索する。
いくつかのブログがヒットする。
中野孝次の『今ここに』の中にあると記述あり。

自館OPACで“今ここに 中野孝次”で検索する。
『幸せな老年のために 今ここに充実して生きる』 中野孝次/著 海竜社 2002 【s21042338 914.6】
上記がヒットするが、該当の文章なし。
念のために、中野孝次の著作を確認していく。
『老年を幸福に生きる』 中野孝次/著 青春出版社 1999 【s16305179 914.6】 
p126「18 おみさ居らねば」があった。
「おみさ居らねば餅つく気もせず」(『中野好夫集』筑摩書房)
についての記述あり。
中野好夫が「わたしの文章心得」に書いていて、
「この文章は、彼の母方の曽祖父、並河聴雨という人の日記にある由。幕末から維新にかけてのころ丹波篠山藩の儒者で(略)大学生だった中野好夫が読み、中にこのぴかりと光る一行を発見」との記述あり。
 
『老いのこみち』 中野孝次/著 文藝春秋 2001 【s19102227 914.6】 p12-15
「つねに共に生きて」の「老妻と二人」の項にも「おみさ居らねば」
についての記述あり。
中野好夫のエッセイ「おみさおらねば」(『自分のことばをつくる』未来社)
の引用とわかる。(市内所蔵なし)


当館所蔵の『中野好夫集』を確認する。
『中野好夫集 4』 中野好夫/著 筑摩書房 1984 【s05695085 918.6】 p295-300
「わたしの文章心得」あり。
p297-298に「おみさ居らねば」についての記述あり。

注:【 】内は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
評論.エッセイ.随筆  (914 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中野好夫集 Ⅳ』 中野好夫/著 筑摩書房 1984
『老年を幸福に生きる』 中野孝次/著 青春出版社 1999
『老いのこみち』 中野孝次/著 文藝春秋 2001
キーワード
(Keywords)
おみさ居らねば餅つく気もせず
中野好夫
中野孝次
並河聴雨
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「以前、ここ(当館)で借りた本で読んだ記憶がある。」とのこと。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222740解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!