このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222494
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2017.10-03
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年09月28日 16時14分更新日時
(Last update)
2017年10月11日 15時27分
質問
(Question)
動物の寿命と心拍数の関係についてわかる資料はないか。『ゾウの時間ネズミの時間』という本に哺乳類の一生の間の心拍数は20億回と書いてあった。
回答
(Answer)
■図書を確認する

『ゾウの時間ネズミの時間:サイズの生物学』(本川 達雄/著 中央公論社 1992年)
 p.6 哺乳類ではどの動物でも、一生の間に心臓は20億回打つ、という計算が紹介されている。

『絵ときゾウの時間とネズミの時間』(本川 達雄/文 あべ 弘士/絵 福音館書店 1994年)
p.33 上掲の本と同じ作者による児童書には、動物の体重と心拍数について述べられているページに「一生のあいだに、心臓は15億回うつ。ゾウはネズミより、ずっと長生きだけれど、一生のあいだに心臓がうつ回数は、ゾウもネズミもおなじなのだ。」という記述がある。 
   
■「レファレンス協同データベース」で調べる

 類似の事例がある。
 福井県立図書館 http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180275  
上記2冊のほかに『理科年表』が挙げられている。

『理科年表 第90冊(平成29年)』(国立天文台/編 丸善出版 2016)
p.872「脊椎動物の寿命」「無脊椎動物の寿命」の表があり、それぞれの動物の「記録された最長寿命」が記載されている。
p.905 心拍数の表があり、ヒト、イヌ、ネコ、アフリカゾウ、ニワトリ等の1分間の心拍数が載っている。

■インターネットで手がかりを探す

 検索の結果、日本経済新聞に関連の記事があることがわかり、データベースで確認した。
「日本経済新聞 2010年9月12日 朝刊 
「脈速いと短命」は本当?、人間の一生の心拍数「23億回」説。」
『ゾウの時間ネズミの時間』も紹介されている。哺乳類の場合、一生の間に心臓が打つ回数は「生物学者の間では「15億回」が定説だ。」とある。また、東邦ガス診療所の林博史氏は、哺乳類ごとの体重や心拍数、心周期と寿命との関係を分析し「人間が一生の間に打つ心拍数は「23億回」とはじき出した。」という記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
本川達雄 著 , 本川, 達雄, 1948-. ゾウの時間ネズミの時間 : サイズの生物学. 中央公論社, 1992. (中公新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002210055-00 , ISBN 4121010876
本川達雄 文 , あべ弘士 絵 , 本川, 達雄, 1948- , あべ, 弘士, 1948-. 絵ときゾウの時間とネズミの時間. 福音館書店, 1994. (たくさんのふしぎ傑作集)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002317118-00 , ISBN 4834001938
東京天文台 , 国立天文台 , 東京天文台 , 国立天文台. 理科年表 第90冊(平成29年). 丸善, 1975.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I071891331-00 , ISBN 9784621300961
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000222494解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!