このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222399
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
2D17004511
事例作成日
(Creation date)
2017年09月22日登録日時
(Registration date)
2017年09月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月01日 00時30分
質問
(Question)
「港則法」に、大阪港等の大きな港には、船舶の夜間入港が禁止されていたという条文があった。何条にあったのか確認したい。
また、現在では、夜間入港できるようになっているようだ。いつ法律の改正があったのか知りたい。
回答
(Answer)
「港則法」の(夜間入港の制限)第6条により、船舶の夜間入港は禁止されていました。
ただし、同条項は、平成17年11月1日から施行された 「港湾の活性化のための港湾法等の一部を改正する法律」により削除されています。

関連記述のある資料を以下にご紹介します。

『海事六法 2005年版』(国土交通省海事局/監修 海文堂出版, 2005.3)
p.1232-1237に「港則法」が掲載されています。
(夜間入港の制限)第六条に「港長の許可のある場合又は海難を避けようとする場合その他やむを得ない事由のある場合を除いて、日没から日出までの間は、同項に規定する港に入港してはならない」とあります。

『海事六法 2006年版』(国土交通省海事局/監修 海文堂出版, 2006.3)
p.1255-1260に「港則法」が掲載されています。
第六条は「削除」となっている。
法律の改正履歴を見ると、最終の改正は、「平成17年5月20日 法律第45号」となっています。

『港則法100問100答(2訂版)』(海上保安庁警備救難部航行安全課/監修 成山堂書店, 1999.5)
p.12-13 「第6条(夜間入港の制限)関係」の項の「問:本条の立法趣旨及び夜間入港が認められる場合について記せ」の「解」として、「本条が適応されるのは、総トン数500トン(関門港若松区においては、300トン)以上の船舶が、函館港、京浜港、大阪港、神戸港、関門港、長崎港及び佐世保港に入港する場合である。」と記載があります。

『図説港則法 (改訂第10版)』(福井 淡/共著 海文堂出版, 2006.8)
p.14 「【注】第6条は、従来「夜間入港の制限」について規定されていたが、平成17年11月1日に廃止され、削除となった。」と記載があります。

『官報』平成17年5月20日(号外 第109号)
p.16-19に「法律 第四十五号 「港湾の活性化のための港湾法等の一部を改正する法律」があり、第3条に、港則法第6条を削除するとの条文があります。
附則に「第1条 この法律は、平成17年11月1日から施行する。」と記載があります。
なお、官報は商用データベース「官報情報検索サービス」でも閲覧できます。

このほか、衆議院ホームページでも以下の法律を確認できます。
・衆議院ホームページ: 港湾の活性化のための港湾法等の一部を改正する法律
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/16220050520045.htm (2017.10.02確認)
「(港則法の一部改正)第三条」に以下のとおり記載があります。
「港則法(昭和二十三年法律第百七十四号)の一部を次のように改正する。
第六条を次のように改める。
第六条 削除
第四十二条中「、第六条」を削る。」
回答プロセス
(Answering process)
1. 当館所蔵資料で「港則法」に関する図書を確認し、資料1、2、3、4が見つかる。

2. 前項の『海事六法 2006年版』で「港則法」の法律改正履歴を見ると、最終の改正は、「平成17年5月20日 法律第45号」となっていることから、該当日の『官報』を確認。

3. インターネットで検索エンジンをキーワード“港則法”ד夜間入港”ד禁止”かつドメインを“go.jp”に限定して確認し、ヒットした海上保安庁交通部安全課「事前評価票:港則法の一部改正」( http://www.mlit.go.jp/common/000042745.pdf )(2017.10.02確認)が見つかる。

4. プロセス2で見つかったサイト内の記述より、衆議院ホームページを確認し、資料5が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海洋工学.船舶工学  (550 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0010958462>  海事六法 2005年版 国土交通省海事局/監修 海文堂出版 2005.3 9784303371357 (資料1)
当館書誌ID <0011171636>  海事六法 2006年版 国土交通省海事局/監修 海文堂出版 2006.3 9784303371364 (資料2)
当館書誌ID <0000775907>  港則法100問100答 :2訂版 海上保安庁警備救難部航行安全課/監修 成山堂書店 1999.5 9784425290642 (資料3)
当館書誌ID <0011265115>  図説港則法 :改訂第10版 福井 淡/共著 海文堂出版 2006.8 4-303-37862-3 (資料4)
衆議院ホームページ: 港湾の活性化のための港湾法等の一部を改正する法律  http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/16220050520045.htm  (資料5)(2017.10.2確認)
キーワード
(Keywords)
港則法
海事六法
船舶
夜間入港
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
法律・判例
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222399解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決