このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221931
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-20-2017-005
事例作成日
(Creation date)
2017年08月29日登録日時
(Registration date)
2017年09月15日 13時49分更新日時
(Last update)
2018年03月24日 13時56分
質問
(Question)
車両の右側通行と左側通行の国の一覧が見たい。
回答
(Answer)
数ヶ国の状況について記載している本があったので提供する。(回答プロセス参照)
追加調査で次の資料に一覧表の記載あり。

『暮らしのなかの左右学』(小沢 康甫/著 東京堂出版 2009.10)p141
回答プロセス
(Answering process)
小学生(8才)の質問であったため、児童書を対象として調査したが、見つからず、一般書まで調査の範囲を広げた。

数か国の状況の記載があった資料

(1) 『それ日本と逆!?文化のちがい習慣のちがい [第1期]3 ウキウキ生活スタイル』(須藤 健一/監修 学研教育出版 2012.2) p24-25
「日本と同じルールの国には、イギリス、オーストラリア、タイ、インドなどどちらかといえば少数派です。世界的には「車は右、人は左」が圧倒的に多いのです」

(2) 『「右と左」の不思議がわかる絵事典』(富永 裕久/著 PHP研究所 2006.1)p18
「自動車が左側を走る国は日本のほかにイギリス、アイルランド、オーストラリア、マレーシアなどだ。」「日本やイギリスのように左側を自動車が通行する国は少数派で、多くの国は右側を通行する。」

(3) 『なんでもきいて!まるごとビジュアル大百科』(左巻 健男/日本語版監修 日東書院本社 2011.11)p225
「世界の国の62%が右側通行、38%が左側通行だ。」「左側通行の国の多くはかつてイギリスの植民地だった。(タイや日本はちがう。)」

(4) 『世界を知って日本を知ろう 身近に学ぶ国際理解 第6巻』p24-25
「じつは、日本のように左側通行の国のほうが世界の中では少なく、イギリスをはじめオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、タイなどの国が左側通行の交通ルールを決めています。その他の多くの国では、まったく逆に右側通行制をとっていますので、自動車は右側を走ります。」

その他インターネット上にも同様のトピックスが色々掲載されているが、下記のサイトでは各国一覧がわかりやすくまとめられていた。
トラベルタウンズ(最終確認2017.11.16)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 8版)
交通政策.行政.経営  (681 8版)
地理.地誌.紀行  (290 8版)
参考資料
(Reference materials)
小沢康甫 著 , 小沢, 康甫. 暮らしのなかの左右学. 東京堂出版, 2009. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010568919-00 , ISBN 9784490206814
須藤健一 監修 , 須藤, 健一, 1946-. それ日本と逆!?文化のちがい習慣のちがい 3 (ウキウキ生活スタイル). 学研教育出版, 2012 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023344032-00 , ISBN 9784055008501
富永裕久 著 , 富永, 裕久, 1964-. 「右と左」の不思議がわかる絵事典 : 自然界は謎だらけ! : 鏡のしくみから宇宙の誕生まで. PHP研究所, 2006. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008052003-00 , ISBN 4569685862
左巻健男 日本語版監修 , 左巻, 健男, 1949-. なんでもきいて!まるごとビジュアル大百科 : 膨大なデータとビジュアルで世界を読み解く. 日東書院本社, 2011. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011306698-00 , ISBN 9784528010024
梅沢 実/監修 , 梅沢‖実. 世界を知って日本を知ろう : 身近に学ぶ国際理解 第6巻. 学研, 2002. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000331322-00 , ISBN 4053012287
トラベルタウンズ  https://www.traveltowns.jp/
キーワード
(Keywords)
右側通行
左側通行
自動車ー歴史
交通
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
記載がなかった資料

『都市交通の世界史 出現するメトロポリスとバス・鉄道網の拡大』(小池 滋/編 和久 田 康雄/編 悠書館 2012.4) 
『馬車の歴史』(ラスロー・タール/著,野中 邦子/訳 平凡社 1991.11) 
『左ハンドル国産車が日本を救う 日本経済V字再生のための国富戦略シミュレーションと提言』(小森 正智/著 小森 正隆/著 プレジデント社 2014.11) 
『車の誕生』(荒川 紘/著 海鳴社 1991.5)
『クルマの誕生から現在・未来へ』(桂木 洋二/著 グランプリ出版 2009.7) 
『だんぜんおもしろいクルマの歴史』(堺 憲一/著 NTT出版 2013.3) 
『左右の民俗学』(礫川 全次/編 批評社 2004.10) 
『騎行・車行の歴史』(加茂 儀一/著 法政大学出版局 1980.11)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000221931解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!