このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221615
提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6100000233
事例作成日
(Creation date)
2007/11/02登録日時
(Registration date)
2017年09月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月09日 16時31分
質問
(Question)
ダイヤモンドクロスについて、歴史、どのようなものだったのかを知りたい。
回答
(Answer)
1926年12月の今津線・西宮北口~今津駅間開通から、1984年3月25日に西宮北口駅橋上駅舎化によって今津線が分断されるまでの約57年間存在した高速鉄道同士では非常に珍しい直角平面交差線路の通称です。。
東西に走る神戸線と、南北に走る今津線が西宮北口駅で交差する際に、高架線路などによる立体交差ではなく、互いに線路を平面で交差する方式(略)。(平成18年版「親と子の郷土史講座」)

西宮北口駅には、1926(大正15)年の今津線開業以来、神戸線との平面交差が設けられていた。列車本数の多い複線が直角に交差するのは他に例がなかった。(「阪急電車」JTBパブリッシング) 

「阪急電車青春物語」によると創始者の小林逸三は関東大震災の経験から高架にするのを嫌ったとのこと。そのため、ダイヤモンドクロス方式にしたと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
阪急電鉄関連の資料を探すが、たいした記載がない。郷土資料と考え、「親と子の郷土史講座」にあたる。
事前調査事項
(Preliminary research)
阪急電車関連本の調査
NDC 
参考資料
(Reference materials)
親と子の郷土史講座講義資料集平成18年度(2006)西宮市立郷土資料館/編集発行 (43頁)
親と子の郷土史講座講義資料集平成23年度(2011)西宮市立郷土資料館/編集発行 (15頁)
阪急電車山口 益生/著JTBパブリッシング (185頁)
阪急電車青春物語橋本雅夫/著草思社
キーワード
(Keywords)
ダイヤモンドクロス(ダイヤモンドクロス)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221615解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!