このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221574
提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6100000556
事例作成日
(Creation date)
2010/01/07登録日時
(Registration date)
2017年09月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年06月06日 18時10分
質問
(Question)
蝶の数え方が1頭、2頭と頭をつかうのはなぜか
回答
(Answer)
元来、英語では牛などの家畜を“head”で数え、動物園で飼育されている動物を数える際にも使われ始めた。西洋の動物園で、しばしば珍しい蝶を飼育・展示し、動物園で飼育している生物全体の個体数を、種類に関係なく“head”で数えるようになったようだ。そのうち昆虫学者達が論文などでも研究対象である蝶の個体を“head”で数えるようになり、それを20世紀初頭に日本語に直訳(誤訳)したものが現代の日本語に定着した、という説が有力。この他にも、標本としての蝶には頭部が切断されていないことが重要視されることから「頭」で数えるとする説や、昆虫採集はもともと狩猟の一種として考えられていたために、獲物は動物と同じ数え方をするのではないか、といった説もある。
「数え方の辞典」飯田朝子/著、町田健/監修、小学館/出版

また、高価なクワガタムシを数える時にも「頭」を使われることが多くある。人間にとって有益な虫も「頭」で数えることがあり、マユから絹糸を作ることができるカイコはその代表的な例である。
「数え方と単位の本3生き物」飯田朝子/監修、学習研究社

蚕は、(中略)繭から絹糸を作れるため、人間にとって大事な虫として「頭」を用いて数えることがある。
「絵で見る『もの』の数え方」町田健/監修、主婦の友社
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
数え方の辞典飯田朝子/著小学館 (p.189)
絵で見る「もの」の数え方町田健/監修主婦の友社 (p.244~245)
数え方もひとしお飯田朝子/著小学館 (p.104~108)
数え方と単位の本3飯田 朝子/監修学研教育出版 (p.36~37)
数え方と単位の本3飯田 朝子/監修学研教育出版
キーワード
(Keywords)
数詞(スウシ)
蝶(チョウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221574解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!