このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221231
提供館
(Library)
埼玉県高等学校図書館研究会 (5100023)管理番号
(Control number)
埼高図-2015-024
事例作成日
(Creation date)
2015/10/21登録日時
(Registration date)
2017年08月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年10月10日 15時06分
質問
(Question)
マンボウの産卵数が3億個というのは本当なのか知りたい。
回答
(Answer)
『図解雑学魚の不思議』(松浦啓一監修、ナツメ社、2006年)
p.58「卵が3億個以上つまっています。魚が生む卵の数としてはダントツの多さです」と記述あり。直接3億個生むとは書かれていないが、産卵数も3億個あるように読める文章。

『ポプラディア新訂版 10』(ポプラ社、2011年)
p.150マンボウの項に「雌が2~3億個も卵を産むことで有名。」と記述あり。

『図説魚と貝の事典』(望月賢二監修、柏書房、2005年)
p.394マンボウの項に「一尾の産卵数は二億~三億粒といわれ、魚類中で最多」と記述あり。

『原色魚類大図鑑』(阿部宗明監修、北隆館、1987年)
p.968マンボウの項に「抱卵数が多く、体長1.3mのもので約3億粒」と記述あり。3億粒産むとは書かれていない。

『Newton』(第35巻5号、ニュートンプレス、2015年)
p135-139の記事に「卵巣に入っている卵の数と、実際に産卵される数は別であり、具体的な産卵数はいまだに不明です」との記述あり。 海のはくぶつかん:Vol.38 No.3(東海大学海洋学部博物館)  http://www.muse-tokai.jp/publish/umihaku/2008/v38n3p4.html (2015年10月21日確認) 2008年の記事。「1度に約3億個もの卵を産みます。」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1、「マンボウ」をキーワードにしてOPAC検索。魚のマンボウを題にする本が出てこなかったので、書架で魚類図鑑を調べる。マンボウに関する本のうち、産卵数について記述してある4冊を提供した。 2、NDL-OPACでキーワード「マンボウ」で検索、Newtonに記事があると分かる。 3、インターネットで「マンボウ 産卵数」をキーワードにして検索。東海大学海洋学部博物館という名称を見かけたので、記事を参照した。 4、産卵数は3億個(以上)であると明言している記述の方が多く見つかった。ただし2015年刊行の『Newton』での研究者の発言では「不明」とあり、両方の意見を提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 7版)
参考資料
(Reference materials)
国立国会図書館サーチ(NDL-OPAC) http://iss.ndl.go.jp/
キーワード
(Keywords)
マンボウ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2017.10.10追記

『マンボウのひみつ』(澤井悦郎著、岩波ジュニア新書、2017年)
下記の記述がある。
P.132 成熟や産卵に関する知見はほとんどありません。繁殖行動や成熟卵も一切不明です。
p.172 マンボウは「1回の産卵で3億個の卵を産み、生き残るのは2匹だけ」と言われます。しかし、これは情報がいくつか間違っています。
   この知見のソースはウナギの研究で有名なヨハネス・シュミット(1877-1933)が1921年にイギリスの科学雑誌『ネイチャー』に発表した論文で、
   ~略~つまり、この数は推定値であり、またマンボウが3億個の卵を「産む」とは一言も書かれていないのです。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000221231解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!