このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221164
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H29-06
事例作成日
(Creation date)
2017年06月25日登録日時
(Registration date)
2017年08月30日 10時35分更新日時
(Last update)
2017年10月07日 15時15分
質問
(Question)
レンジフード(換気扇とは厳密には別)の歴史について、国内外を問わずいつ頃から使われていたのか、レンジフードという名称がいつからなぜ使われているのかを知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセスのとおり資料を提供した。

・1964年に松下(電器か電工かは不明)が販売したことはいくつかの資料に記されているが、典拠を詳細に確認することはできなかった。
・明治30年代に排煙フード(見た目はレンジフードやダクトに似ているもの)が使われていることが分かった。由来や字義は不明。
回答プロセス
(Answering process)
■市内OPAC “カンキセン” で検索
 → 『建材・設備はどこで何から作られているのか』内田 信平/著 エクスナレッジ 2008【524.2 S26242065】
    p173, “松下エコシステムズが1958年から公団住宅用の換気扇の製造を開始した。”
        “同社は国内で生産している” という記述はあったが、同頁含む「換気扇Made in Japan」の章には“レンジフード”という言葉は出てこなかった。

   『生活家電入門 発展の歴史としくみ』大西 正幸/著 技報堂出版 2010【545.88 S28385383】
    p69, 表「換気扇開発の歴史」によると、“1964(昭和39)年、松下がレンジフードファンの開発・販売・高静圧型” とある。
    同書によれば、p56, “日本初の換気扇は1925(大正14)年に芝浦製作所(現・東芝)が発売”
    p61, “「深型」と「浅型」の2種類がある” 等の情報はあったが、名前の由来や詳細はない。
     ↓ 参考文献より
   『商品知識と取扱い 第3版』家電製品協会/編 日本放送出版協会 2006【R545 S23871221】
    記載なし。

キーワード “歴史、換気扇、キッチン、厨房、台所” で検索
 → 『台所道具の歴史』栄久庵 憲司/著 柴田書店 1978【R596 S01045582】
    p152, 図版①「へっつい上の排煙フードは奇態」と解説あり。

   『にっぽん台所文化史』小菅 桂子/著 雄山閣出版 1991【383.9 S09162629】
    p39, 図19 排気筒がついたかまど
    p198, 図 明治30年代の町屋の台所(上記資料図版①と同じ図)
 
   『住まいの事典』梁瀬 度子/(他)編 朝倉書店 2006【R597 S24064198】
    記載なし。
   『料理家たちのキッチン』集英社 2006【527.3 S24187452】
    記載なし。


■Google検索 “換気扇 歴史”
 → 『歴史博物館|換気・環境ショウルーム|パナソニック エコシステムズ株式会社』
     https://panasonic.co.jp/es/peses/showroom/museum/  (最終アクセス:2017/9/13)
    商品オーバービューという年表に、“レンジフード発売('65年)” と記載あり。
 
 → 『レンジフードの歴史|ものづくりへのこだわり|レンジフード、換気扇の富士工業株式会社』
     http://www.fjic.co.jp/mono/history.html (最終アクセス:2017/9/13)
    “当社におけるレンジフードの歴史” 1973年(昭和48年)からの年表あり。


■J-STAGE “レンジフード” で検索
 → 『家電製品の歴史(その3)』石井 喜久雄 益本 仁雄 繊維製品消費科学 Vol. 37 (1996) No. 10 P 500-506
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/senshoshi1960/37/10/37_10_500/_pdf (最終アクセス:2017/9/13)
    論文中の「家電製品年表」によると、“1964年にレンジフード換気扇が発売” とだけ記述あり。典拠は不明。


■“レンジフード”という単語について調査
 → 『マスコミに強くなるカタカナ新語辞典 最新第6版』学研辞典編集部/編 学習研究社 2004【R813辞書え-12 S22407365】
    p549, レンジ・フード[range hood 和] 空気抜きの天蓋に換気扇を組み合わせたもの。ガス・レンジ近くの壁・天井などに取り付ける。

   『集英社国語辞典 第2版』森岡 健二/(他)編 集英社 2000【R813辞書あ-8 S18543009】
    p1891, 「レンジ」の項目に「フード」があり、「調理用ガスレンジの上に取り付けて、煙やにおいを室外に出すための金属製の覆い」とある。

   『カタカナ外来語略語辞典 現代用語の基礎知識 第5版』堀内 克明/監修 自由国民社 2013【R813辞書え-14 S29607256】
    p599, フード【hood】煙や臭気を排出させるために、台所にとりつける天がい型の空気抜き。換気扇を組み合わせたものをレンジ・フードという。

※【】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者は県立川崎図書館にて、東芝、パナソニック、シャープ等の社史を見たが、1960年代までしか遡ることが出来なかった。
NDC
建築構造  (524)
建築計画.施工  (525)
参考資料
(Reference materials)
『建材・設備はどこで何から作られているのか』内田 信平/著 エクスナレッジ 2008
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009606280-00 , ISBN 9784767807423
『生活家電入門 発展の歴史としくみ』大西 正幸/著 技報堂出版 2010
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010876880-00 , ISBN 9784765544658
『台所道具の歴史』栄久庵 憲司/著 柴田書店 1978
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005642695-00
『にっぽん台所文化史』小菅 桂子/著 雄山閣出版 1991
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002140714-00 , ISBN 4639010559
『マスコミに強くなるカタカナ新語辞典 最新第6版』学研辞典編集部/編 学習研究社 2004
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007302031-00 , ISBN 405402145X
『集英社国語辞典 第2版』森岡 健二/(他)編 集英社 2000
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002932710-00 , ISBN 4084000159
『カタカナ外来語略語辞典 現代用語の基礎知識 第5版』堀内 克明/監修 自由国民社 2013
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025072606-00 , ISBN 9784426115951
キーワード
(Keywords)
レンジフード
換気扇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221164解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!