このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221035
提供館
(Library)
東京国立近代美術館アートライブラリ (4110009)管理番号
(Control number)
honlib-2017-009
事例作成日
(Creation date)
2017年08月23日登録日時
(Registration date)
2017年08月25日 11時30分更新日時
(Last update)
2018年06月23日 16時36分
質問
(Question)
ハンス・リヒター(Hans Richter)の「色のオーケストレーション」(東京国立近代美術館所蔵)の解説が載っている資料(日本語で書かれたもの)はあるか。
回答
(Answer)
【資料2】に簡単な解説があり、【資料4】には、この作品についての記述が少しあり。
回答プロセス
(Answering process)
①「独立行政法人国立美術館所蔵作品総合目録検索システム」で検索し、「色のオーケストレーション」の作品のデータを見たところ、「日米抽象美術展」(国立近代美術館 1955年)に出品されていたことがわかったため、「日米抽象美術展」の展覧会カタログ(【資料1】)を見てみたが、図版と作者の略歴は載っていたが、作品の解説はなし。②当館OPACで、キーワード「Hans Richter」で検索し、ヒットしたものの中から、和書(図書)と和展覧会カタログ(他館所蔵品展、コレクション展を除く)をすべて見てみたが、掲載されているものはなし。③当館OPACで、キーワード「色のオーケストレーション」で検索したところ、(東京国立近代美術館)工芸館のデータから、東京国立近代美術館60周年記念のイベントのチラシがあることがわかり、当館イベントの配布物の中から【資料2】に、作家の略歴と簡単な作品の解説が載っていたため、これを提供した。④後日、他に資料がないか調べてみたところ、CiNiiの論文検索で、キーワード「ハンス」「リヒター」で検索し、ヒットしたものの中から、関係ありそうなもので、当館に所蔵しているものが2件(現物を見たところ、記事が合計3件(【資料3】【資料4】【資料5】))あったが、この作品について少し触れているものが1件(【資料4】)あるのみで、【資料3】と【資料5】は、参考にはなるかもしれないと思われた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】朝日新聞社企画部編集 『日米抽象美術展』 朝日新聞社, 1955 (当館請求記号: CG||NMA1||22)
【資料2】「Concerto Museo : 絵と音の対話 : 東京国立近代美術館60周年記念」(8/10「絵と音 : 対話的手法」)(2012年8月10日-8月12日に行われた東京国立近代美術館開館60周年を記念するイベントの8月10日分の配布物) (配布物のため請求記号なし)
【資料3】秋山邦晴 「ハンス・リヒター : あるいは動きのオーケストレーション」 『みづゑ』 美術出版社 736号, 1966.6 p.15-25. (当館請求記号: ZW||ミ)
【資料4】大島辰雄編訳 「ハンス・リヒター : わたしのダダ50年 : 自伝的ノートより」 『みづゑ』 美術出版社 736号, 1966.6 p.26-28. (当館請求記号: ZW||ミ)
【資料5】大島辰雄 「ハンス・リヒターの絵巻物 : 動きと色彩のオーケストレーション」 『三彩』 三彩社 201号, 1966.6 p.54-57. (当館請求記号: ZW||サ)
キーワード
(Keywords)
ハンス・リヒター
Hans Richter
色のオーケストレーション
東京国立近代美術館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
ガイドスタッフ
登録番号
(Registration number)
1000221035解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!