このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220433
提供館
(Library)
小野市立図書館 (2300029)管理番号
(Control number)
小野29-055
事例作成日
(Creation date)
2017年9月12日登録日時
(Registration date)
2017年08月16日 12時19分更新日時
(Last update)
2017年11月03日 12時18分
質問
(Question)
ベルリンの壁はなぜあったのか、また壊されたきっかっけはなんだったのか。
回答
(Answer)
当時、ベルリンは第二次世界大戦の影響で、東側をソ連、西側をアメリカ・イギリス・フランスによって占領されていた。1953年6月17日、東ベルリンで労働ノルマ強化への反発に端を発した大規模な反政府暴動が起こり、若年労働者を中心に東から西への亡命が相次ぎ、東ドイツ経済を大きく脅かした。このため、東ドイツ政府により、1961年8月12日から13日にかけて東西ベルリンの交通を完全に遮断するためにベルリンの壁が構築された。
壁が壊されたきっかけは、1989年11月9日に東ドイツ側が旅行自由化策を発表し、その時期を「直ちに」としたため、壁に群集が殺到。東西ベルリン市民が壁の上によじ登り、ハンマーなどで壊した。


①『世界歴史大事典 17(フニ―ホク)』株式会社教育出版センター p.271 p.273
②『世界大百科事典 25(フハ―ヘン)』平凡社 p.639
③『朝日新聞重大ニュース縮刷版 朝日新聞社』 p.43
④『子ども10大ニュース1989』国土社 p.4,23~28

①では、なぜ壁ができたのかについてのみ記載あり。
②④では、どちらも記載あり。
③では、壁が壊れたきっかけのみ記載あり。
(きっかけについては、②を詳しく説明したものが③と④)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ドイツ.中欧  (234)
参考資料
(Reference materials)
芳賀 登/〔ほか〕編集 , 芳賀‖登. 世界歴史大事典 15. 教育出版センター, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I012514158-00 , ISBN 4763240145
世界大百科事典 25 (フハ-ヘン) 改訂新版. 平凡社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009140564-00
朝日新聞東京本社販売局流通第2部/[編] , 朝日新聞社. 朝日新聞重大ニュース縮刷版 : 創刊135周年記念. 朝日新聞社, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I054931848-00
こどもニュース研究会 [著] , こどもニュース研究会. こども10大ニュース 1989. 国土社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002393848-00 , ISBN 4337265058
キーワード
(Keywords)
ベルリンの壁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000220433解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決