このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220099
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-295
事例作成日
(Creation date)
2017年1月26日登録日時
(Registration date)
2017年08月08日 14時01分更新日時
(Last update)
2017年08月31日 15時20分
質問
(Question)
「リアス式海岸」もしくは「リアス海岸」という表記があるが、どちらが正しいのか。持っている辞書を確認したところ、辞書によって表記が違った。
回答
(Answer)
近年では「リアス海岸」が使用されることが多いが、「リアス式海岸」も誤りではない。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 「リアス海岸 リアス式海岸 違い」でGoogle検索したところ、帝国書院のサイトがヒット。

「帝国書院|社会科Q&A」(最終確認:2017年8月8日)
  https://www.teikokushoin.co.jp/q_and_a/geo/#q25

“「リアス」そのものが入り江の地形を表す語であるので、あえて「式」を入れる必要はなく、地理学・地形学の学術用語としては「リアス海岸」という表記がより適切であるとされるように”なったため、“帝国書院では平成20年度用以降のものから「リアス海岸」に表記を変更”したとの記載あり。


(2) 件名「日本‐地理」、出版年2008年以降で蔵書検索

『なるほど日本地理』宇田川 勝司∥著 ベレ出版∥発行 2014年
p.93“英語ではrias shorelineと表記し,日本語の「式」に該当する表現はなく,近年は日本でも学術用語としてリアス海岸の表現が一般化している。学校で使う教科書も今はリアス海岸と記載されている。”
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290)
参考資料
(Reference materials)
『なるほど日本地理 気になる疑問から学ぶ地理の世界 自然環境・国土・行政・産業・生活文化・歴史的背景』宇田川 勝司∥著 ベレ出版∥発行 2014年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025758102-00 , ISBN 9784860644093 (当館請求記号:291.04/ウダ/)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000220099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決