このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219953
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2017-018
事例作成日
(Creation date)
2009年03月09日登録日時
(Registration date)
2017年08月04日 14時13分更新日時
(Last update)
2017年08月16日 18時14分
質問
(Question)
「小松帯刀(こまつたてわき)」という人物に関する本を読みたい。
回答
(Answer)
 『薩摩藩最後の城代家老 小松帯刀概要』(小松帯刀研究会)、『小松帯刀の功績』(瀬野富吉)、『幻の宰相 小松帯刀伝』(瀬野富吉)を協力貸出により提供。
 その他、小松帯刀に関する記述は多くないが、軽く読めるものとして『名家老とダメ家老 -戦国~幕末・維新三〇〇諸侯の家老列伝』(加来耕三)がある。これも小松帯刀に触れている部分は少ないが、『天璋院篤姫 上・下』(宮尾登美子)は、2008年NHK大河ドラマの原作であるため、ドラマから興味をもたれた方はこちらをお勧めしたい。また、『一外交官の見た明治維新 上・下』(アーネスト・サトウ)は、小松帯刀が生きた幕末、明治維新の時代を外国人の目から客観的に書いたものとして評価が高いが、この第十六章でも、小松帯刀について触れている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 8版)
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
薩摩藩最後の城代家老小松帯刀 : 概要. 小松帯刀研究会, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I043222867-00
瀬野 富吉/著. 小松帯刀の功績 : 明治維新秘史小松帯刀小伝. 瀬野富吉, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I052606680-00
瀬野冨吉 著 , 原口泉 監修 , 瀬野, 富吉, 1912-2000 , 原口, 泉, 1947-. 幻の宰相小松帯刀伝 改訂復刻版. 宮帯出版社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009903609-00 , ISBN 9784863502864
加来耕三 著 , 加来, 耕三, 1958-. 名家老とダメ家老 : 戦国~幕末・維新三〇〇諸侯の家老列伝. 講談社, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008146497-00
宮尾登美子 著 , 宮尾, 登美子, 1926-2014. 天璋院篤姫. 講談社, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001700680-00
宮尾 登美子/著 , 宮尾‖登美子. 天璋院篤姫 下. 講談社, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000062466-00
アーネスト・サトウ/著 , 坂田 精一/訳 , Satow,Ernest Mason , 坂田‖精一. 一外交官の見た明治維新 上. 岩波書店, 1979. (岩波文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005711599-00
アーネスト・サトウ/著 , 坂田 精一/訳 , Satow,Ernest Mason , 坂田‖精一. 一外交官の見た明治維新 下. 岩波書店, 1979. (岩波文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005711600-00
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 6. 吉川弘文館, 1985-11.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000103122-00
市古貞次 [ほか]編纂 , 市古, 貞次, 1911-2004. 国書人名辞典 第2巻. 岩波書店, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002421250-00
キーワード
(Keywords)
小松帯刀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
小松帯刀その人については、『国史大辞典 第6巻』(p.12)が詳しい。 国史大辞典の出典として、『百官履歴 上(日本史籍協会叢書)』、『鹿児島県史 3』『小松帯刀伝・薩摩小松帯刀履歴・小松公之記事(鹿児島県史料集21)』『日吉町郷土史』があげられているが、堺、大阪府では所蔵なし。また、『国書人名辞典 2』(p.287)によると、小松帯刀本人の日記が存在することがわかる。(『肝付尚五郎日記』、『小松帯刀日記』) 小松帯刀の故郷鹿児島県吉利(現在は、合併して日置市日吉町)には、「小松帯刀研究会」があり、「小松帯刀研究会叢書」を出版している。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219953解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!