このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219919
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2017-044
事例作成日
(Creation date)
2006年11月01日登録日時
(Registration date)
2017年08月03日 19時00分更新日時
(Last update)
2018年03月23日 15時30分
質問
(Question)
現在までの約100年間の6歳児身体的発育の発展要因をレポートにまとめたい。関係資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
『子供・若者白書』(平成21年度までは『青少年白書』)に「青少年の体格」に関する記載がある。『青少年白書』 平成18年度では第2章「青少年の健康と安全」に"青少年の体格"があり、そこに"年齢別身長・体重・座高の全国平均値"の平成16年度、平成17年度のデータがある。また特徴の解説もあり。
子どもの発育の経年変化をみるため『国民健康・栄養調査報告』平成15年(前誌:国民栄養の現状)第6部年次別結果の章で、1975年から5年毎の身長・体重平均値(男女別、年齢階級別)の年次推移がのっており、こちらも紹介。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 8版)
学校経営.管理.学校保健  (374 8版)
参考資料
(Reference materials)
内閣府/編集 , 内閣府. 青少年白書 平成18年版. 国立印刷局, 2006. (「暮らしと社会」シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000404821-00 , ISBN 4172330800
日本教育年鑑刊行委員会/編. 日本教育年鑑 1989年版. ぎょうせい, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000194361-00 , ISBN 4324014841
日本教育年鑑刊行委員会 編. 日本教育年鑑 昭和60年版. ぎょうせい, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001724355-00
キーワード
(Keywords)
発育
栄養
白書
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
回答のほかに『日本教育年鑑1989』には教育外研究〈学校保健・安全〉の章で、"体位・体力"の項目があり1950年から10年ごとの身長・体重の推移が載っていた(p.189)。
『日本教育年鑑 1985』では学校給食の項目(p.232)で、明治22年からの学校給食の沿革がのっており、行政の施策も参考になればと紹介した。
なお『国民栄養の現状』の所蔵は昭和35年からのため、ご希望の100年間の年次推移については提供できなかった。
 
※「青少年白書」は平成22年に「子ども・若者白書」となり平成27年から「子供・若者白書」となった。平成8年版以降は内閣府HPで参照可能 http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html

※「国民健康・栄養調査報告」2016年現在の最新は平成24年版で、それ以降は出版の形跡が認められない。同書の元データとなった厚労省「国民健康・栄養調査」は同省HPで参照可能。 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html  
平成21年版以降は政府統計の窓口e-statでExcel形式のダウンロードが可能。
平成5年以前(昭和22年から)の同調査は国立健康・栄養研究所のHPで参照可能。 http://www0.nih.go.jp/eiken/chosa/kokumin_eiyou/
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219919解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!