このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219394
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001022477
事例作成日
(Creation date)
2017/05/19登録日時
(Registration date)
2017年07月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年07月29日 00時30分
質問
(Question)
ダイエット食品の市場動向について知りたい。
回答
(Answer)
【図書】

・『業種別業界情報 2017年版』 中小企業動向調査会‖編著 (経営情報出版社 2017.1)

ダイエット食品に限定した項目はないが、p.582-583「健康食品製造業」のp.582「トクホの用途別市場規模」に、「整腸(乳酸菌)」「整腸(食物繊維)」「整腸(オリゴ糖)」「コレステロール」「血圧」「骨・ミネラル」「歯」「血糖値」「中性脂肪・体脂肪」の9つの用途別に、平成26年と平成27年の市場規模(単位:億円)が掲載されている。
「中性脂肪・体脂肪」などはダイエットに関連する食品であると思われるが、9つの用途のうち、「整腸(乳酸菌)」についで2番目の市場規模である。

・『業種別審査事典 第13次 第1巻』 金融財政事情研究会‖編 (金融財政事情研究会 2016.1)
こちらにもダイエット食品に限定した項目はないが、p.1020-1032「健康食品製造業」のp.1025「図表8 特定保健用食品・保健の用途別市場規模の推移」に、上記と同じ9つの用途別の平成9、11、13、15、17、19、21、23、25、26年度の市場規模(単位:億円)が掲載されている。

・『機能性表示食品マーケティングデータブック 2015-2017』 (戦略企画 2016.5)

p.1-28「I 機能性表示食品の市場動向」
p.15-19「4.機能性関与成分の展開動向」
p.15-17「1)機能性関与成分ランキング(届出受理数)」
上位67位(38~67位は同率38位)までの機能性関与成分名※(「難消化性デキストリン」「葛の花由来イソフラボン」など)と商品数と構成比が掲載されている。
p.16には、「1~3位のいずれも、脂肪関連の機能性を有する。」とある。

p.18-19「2)機能性関与成分別販売高推移(2015年次~2017年次予測)」
p.18「(1)機能性関与成分別販売高推移(2015年次販売高順)」
p.19「(2)機能性関与成分別販売高推移(50音順)」

※どの機能性関与成分名がダイエットに関わりがあるかについては、
p.275-285「『機能性関与成分』と『表示しようとする機能性』の対応リスト」を見ると分かりやすい。
たとえば、機能性関与成分名「葛の花由来イソフラボン」=表示しようとする機能性「肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲を減らすのを助ける」とある。

p.20-22「5.表示しようとする機能性の展開動向」
p.20「1)表示しようとする機能性ランキング(届出受理数)」
「体・内臓・皮下脂肪、腹、BMI」「中性脂肪」「整腸」など19項目の機能性別に、機能性表示数と構成比が掲載されている。

p.21「2)表示しようとする機能性別販売高推移(2015年次~2017年次予測)」
「体・内臓・皮下脂肪、腹、BMI」「中性脂肪」「整腸」など19項目の機能性別に、「2015」「2016(予測)」「2017(予測)」の販売高、構成比等が掲載されている。

いずれも、ダイエットに関連があると思われる機能性は高順位である。

・『健康食品ビジネス大事典』 武田/猛‖著 (パブラボ 2015.8)

p.43「図表1-15 カテゴリー別の潜在市場(ニーズ)規模」に、「美肌・肌ケア」「減量(とにかく体重を落とす)」「痩身(スタイルよくスリムになる)」など30のカテゴリー別に、潜在市場規模(単位:億円)が掲載されている。

p.50「図表1-21 サプリメントのベネフィットによる類型」およびp.51「図表1-22 機能性食品・飲料のベネフィットによる類型」に、「QOL改善(関節、目、血行、整腸、男性の健康)」「見た目の向上(美肌、ダイエット)」「不安解消(免疫、脳機能改善、肝機能改善)」「お守り(滋養強壮、ビタミン・ミネラル補給)」の4つのベネフィット類型別に、2014年の市場規模(単位:億円)が掲載されている。

・『機能性表示食品の市場』 (シーエムシー出版 2015.7)
p.169-218「第9章 主要機能性素材の市場動向」
p.196-205「ダイエット素材」
「L-カルチニン」など5つのダイエット素材について、概説と企業動向が掲載されている。

・『健康関連食品の現状と将来展望 2012-2014』 (戦略企画 2013.8)

p.5-249「I 健康食品」
p.25-33「I-4.セールスポイント別(有用成分に期待される機能性)販売動向」
p.25-27「1)セールスポイント別(有用成分に期待される機能性)販売高推移」
「美容(美肌等)」「滋養・強壮・疲労回復」「ダイエット・肥満防止」など29項目の機能性別に、「2012」「2013(見込)」「2014(予測)」の販売高、構成比等が掲載されている。

p.28-33「2)品目別セールスポイント別(有用成分に期待される機能性)販売高」
「青汁」「アボカドオイル」「アミノ酸」など65品目を縦軸、「(総合)栄養補給」「滋養・強壮・疲労回復」「ダイエット・肥満防止」など29項目の機能性を横軸にして、それぞれが交わるマスに販売高が記載されている。(「2012」「2013(見込)」「2014(予測)」)
たとえば、「青汁」の2012年次の販売高は「(総合)栄養補給」「ダイエット・肥満防止」「腸内環境改善」「美容(美肌等)」「免疫賦活」の機能が期待され、それぞれ「21,100」「[ダイエット・肥満防止=] 5,800」「14,500」「1,100」「4,600」合計「51,100」(単位:百万円)が販売されている。

p.45-249「I-7.品目別市場動向」
「1.青汁」から「65.ローヤルゼリー」には、それぞれの品目について、「セールスポイント別(有用成分に期待される機能性)販売構成比」「主要メーカーシェア」「チャネル別販売構成比」(訪問販売、通信販売、薬局・薬店など)「素材特性」「市場概況」「参入企業動向」「商品展開動向」「今後の展望」「主要商品リスト」などが掲載されている。

p.263-302「III 特定保健用食品」
p.263-267「III-1.市場特性」
p.266-267「4)市場特性」には、「整腸作用」「コレステロール上昇抑制」「中性脂肪・体脂肪の上昇抑制・低減」など7項目の保健用途別に、商品数と市場特性が掲載されている。

p.270-271「III-3.保健用途別市場規模推移」には、上記の7項目の保健用途別に、「2012」「2013(見込)」「2014(予測)」の販売高やシェアなどが掲載されている。

p.325-362「V 健康志向食品」
p.326-327「2)健康志向食品の市場特性」には、「栄養強化調整食品」「低(無)糖食品」「低(無)脂肪食品」など8項目の特性を持った分野-品目(例:嗜好飲料-コーヒードリンク)について、市場特性などが解説されている。
「嗜好飲料」については「消費者の本格・健康・ダイエット志向に対応した低(無)糖が需要の中心で、全般的に拡大基調が続く。」とある。

・『健康志向食品市場動向 1992年-2012年(ヘルスフードレポート)』 (山の下出版 2012.4)
「マルチビタミン」「食物繊維」」「ポリフェノール」など100品目について、1992年から2012年までの市場規模と、1997年から2012年までの市場動向が掲載されている。
「機能」の欄に「ダイエット」とあるものを拾うことで、ダイエット食品の動向を把握することができる。
(2013年版、2014年版のp.3-でも少し品目別の市場規模と市場動向を扱っている。)


【雑誌】

・『食品と開発』51(7)<702> (UBMメディア 2016.7)
p.51-59「市場動向II 抗メタボ・ダイエット素材の市場動向」
抗メタボ・ダイエットの各素材の性質・効果などの解説が中心だが、「抗メタボ・ダイエット向けの機能性を表示した製品が続々と受理されている」として「抗メタボ関連の機能性表示受理の状況」の表も掲載されている。

・『週刊ダイヤモンド』103(21)<4582> (ダイヤモンド社 2015.5.30)
p.30-73「特集 究極のダイエット : 燃焼!知られざる2兆円市場」
p.34-35「膨張するダイエット業界 知られざる2兆円+α市場」に、「ダイエット食品/サプリメント市場」の市場規模が「トクホ(特定保健用食品)」「ダイエット食品」「栄養機能食品」に分けて掲載されている。


【新聞】

・『食品新聞』9463号 (食品新聞社 2017.3.3) 1面
「ローソン 低糖質食品を強化 : 領域拡大と表示の工夫で」~「拡大する低糖質食品市場」に、13年から16年までの市場規模(単位:億円)等が掲載されている。


【データベース】(平成29年5月19日確認)

・Mpac(マーケティング情報パック)
「ダイエット」をキーワードとして検索すると、「健康食品(ダイエット)」と「健康志向食品(ダイエット)」の項目があり、2006年から2015年までのシェアランキング等がわかる。
その他に、「リコピン」(トマトダイエット)、「おかゆ・雑炊・リゾット」(おかゆダイエット)、「ビネガードリンク(ストレートタイプ)」(黒酢ダイエットなど)、「機能性甘味料」などの項目もあり、シェアランキング等がわかる。


[事例作成日:平成29年5月19日]
回答プロセス
(Answering process)
●市場調査の基本ツールである『業種別業界情報』(経営情報出版社)と『業種別審査事典』(金融財政事情研究会)で関連する項目を確認して紹介。

●自館の蔵書検索(「ダイエット」×「市場」)を行うが、適当なものが見つからず。

●NDL-OPACでは『ダイエット食品の市場分析調査 2013年』(総合企画センター大阪 2013.3)
『健康・ダイエット志向食品市場の実態』(日本マーケティング・レポート(制作) 2006.12)
などがヒットし、役立ちそうだが当館では所蔵なし。

●NDC=498.5(衛生学・公衆衛生・予防医学 - 食品・栄養・化学衛生学)や588(食品工業)の参考図書の書架をブラウジングして、ダイエット食品のみを扱っているのではないが、「健康食品」「機能性表示食品」「特定保健用食品」などに関する図書(概ね5年以内に発行されたもの)からダイエットに関わる部分を抽出するなどして紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
業種別業界情報 2017年版 中小企業動向調査会‖編著 経営情報出版社 2017.1 (p.582-583)
業種別審査事典 第1巻 第13次 金融財政事情研究会‖編 金融財政事情研究会 2016.1 (p.1020-1032)
機能性表示食品マーケティングデータブック 2015-2017 戦略企画 2016.5 (p.1-28, 275-285)
健康食品ビジネス大事典 武田/猛‖著 パブラボ 2015.8 (p.43, 50)
機能性表示食品の市場 シーエムシー出版 2015.7 (p.169-218)
健康関連食品の現状と将来展望 2012-2014 戦略企画 2013.8 (p.5-249, 263-302, 325-362)
健康志向食品市場動向 山の下出版 2012.4
健康志向食品市場動向 2013 山の下出版 2013.3 (p.3-)
健康志向食品市場動向 2014 山の下出版 2014.3 (p.3-)
週刊ダイヤモンド ダイヤモンド社 ダイヤモンド社  第103巻 21号 4582号 (2015-5/30) (p.30-73)
食品と開発 UBMメディア  51(7)<702>(2016.7) (p.51-59)
キーワード
(Keywords)
ダイエット(ダイエット)
ダイエット食品(ダイエットショクヒン)
健康食品(ケンコウショクヒン)
機能性表示食品(キノウセイヒョウジショクヒン)
特定保健用食品(トクテイホケンヨウショクヒン)
市場(シジョウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス,統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000219394解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!