このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219308
提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2017-00065
事例作成日
(Creation date)
2017/6/5登録日時
(Registration date)
2017年07月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年07月27日 13時53分
質問
(Question)
東南アジア、東アジア各国の個人情報保護法 (シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、韓国、香港、台湾、中国)
回答
(Answer)
【シンガポール】
Personal Data Protection Act 2012
シンガポール個人情報保護委員会 (Personal Data Protection Commission) のウェブサイトに条文が掲載されております。
https://www.pdpc.gov.sg/home
“LEGISLATION AND GUIDELINES” タブから “Legislation” を選択してください。

【マレーシア】
Personal Data Protection Act 2010
マレーシア司法長官室 (Attorney General’s Chambers: AGC) のウェブサイトで確認ができます。
http://www.agc.gov.my/agcportal/index.php?r=portal2
“LAWS OF MALAYSIA” をクリック、Keyword に 「personal data」 と入れて検索してください。

【インドネシア】
インドネシアでは個人情報保護を全般的を定めた法律はまだ法案の段階のようです。電子商取引などの特定分野については規制されている状況です。
法律・規則の条文が検索できるポータルサイトにて条文が掲載されておりますが、インドネシア語のみですのでご了承ください。
http://peraturan.go.id/
“perlindungan data pribadi” (個人情報保護) と入力、右側の “Cari” (検索) をクリック
トップに以下2つの結果が出てきます。

・ Rancangan Undang-Undang Tahun 2017 Tentang Rancangan Undang-Undang tentang Perlindungan Data Pribadi
→ 個人情報保護法案。内容は Word でダウンロードできます。

・ Peraturan Menteri Komunikasi dan Informatika Nomor 10 Tahun 2016 Tentang Perlindungan Data Pribadi Dalam Sistem Elektronik
→ 電子システムにおける個人情報保護に関する通信・情報大臣規則。PDF ダウンロード可能です。

【フィリピン】
Republic Act No. 10173
フィリピンの個人情報保護法は、「個人情報保護に関する国家プライバシー法 (共和国法10173号)」 (2012年8月15日大統領認可) に相当します。
英文で書かれた条文をオンラインで確認することができますのでご参照ください。
http://www.gov.ph/2012/08/15/republic-act-no-10173/
http://www.gov.ph/2016/08/25/implementing-rules-and-regulations-of-republic-act-no-10173/

当館では、フィリピンの政府官報を冊子体を閲覧することができます。
Official gazette. -- Reporter of the Supreme Court
巻号108 (41) October 8, 2012, pp. 5168-5182
請求記号 【P/35/Ph3】

【タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア】
当図書館の図書・雑誌には関連の資料がありません。
下記にインターネットで検索できる情報を挙げます。

(1) 下記のサイトで、各国の個人情報保護法の概要が簡潔に説明されています。
Data protection laws of the world
URL:  https://www.dlapiperdataprotection.com/index.html

(2) 同機関による Full handbook の PDF 版をインターネットで見ることができます。
DLA Piper Global Data Protection Laws of the World を検索すると、
PDF DOWNLOAD the full handbook がヒットします。
これで Full handbook がすべてダウンロード可能です。
収録国は世界をカバーしていますが、ベトナム、ラオス、カンボジアは収録されていません。

(3) 下記のサイトで東南アジア各国の個人情報保護の概略がまとめられています。
法律が施行されている場合は、法律名が出ています。
ASEAN insights: personal data protection
URL:  http://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=54dee7ca-c115-4840-91fd-d1529875d670

上記の情報によると、各国の現状は下記のとおりです。
● タイ
上記サイトによれば、2017年1月現在、タイでは個人情報保護法の法案が提出されていますが、まだ制定に至っていない段階です。
上述の Full handbook ではタイの個人情報保護関連の法律の現状についてもう少し詳しい説明があります。

● ベトナム
下記のサイトにベトナムの法律情報が掲載されています。
「VIET JOベトジョーベトナムニュース」 http://www.viet-jo.com/
それによると、ベトナムでは月1日に 「インターネット情報セキュリティ法」 (Law on Cyber Information Security) が可決され、インターネット上での個人情報保護が強化されています。

● ラオス、カンボジア
上記 Asean insights では、まだ個人情報保護に関する包括的な法律はないとありますが、インターネットで検索したところ、2017年5月現在、やはりまだ進展はないようです。

【韓国】
(韓国法令情報センターのサイト、個人情報保護法)
http://www.law.go.kr/lsSc.do?menuId=0&p1=&subMenu=1&nwYn=1&section=&tabNo=&query=%EA%B0%9C%EC%9D%B8%EC%A0%95%EB%B3%B4%20%EB%B3%B4%ED%98%B8%EB%B2%95#undefined

日本語に個人が訳したものはありますが信頼性はないので、原文を Google Chrome を使って訳しますとかなり正確に訳されますので、内容を確認する程度でしたらこちらをお勧めいたします。Google Chrome を立ち上げて上記のサイトに接続し、翻訳というボタンをクリックすると日本語訳が現れます。

【香港】
法律を検索できるサイトがあり、英語と中国語で全文公開されています。
条文ごとに項目になってしまっているので、体系はわかりやすいのですが、全文を見づらい構造です。
http://www.hklii.hk/eng/hk/legis/ord/486/

【台湾】
日本の国会図書館が訳した条文がございます。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000040-I000197489-00

【中国】
中国では個人情報保護法が未だ立法化されていないようです。
以下の論考をご参照ください。

・ 安井久美 「中国個人情報保護法の立法状況」
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要 (30), 157-175, 2010-11
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/40880
参考として 「中華人民共和国個人情報保護法 (専門家建議稿)」 (2006) が日本語訳されています。

・ 汪淑芳 「中国個人情報保護法の構想」
経済科学研究 18 (1), 131-147, 2014-09
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005602092
参考として 「個人情報保護基準」 (2013) が日本語訳されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
・ Official gazette. -- Reporter of the Supreme Court
108(41) October 8, 2012, pp. 5168-5182 (請求記号:P/35/Ph3)
・ 安井久美 「中国個人情報保護法の立法状況」
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要 (30), 157-175, 2010-11
・ 汪淑芳 「中国個人情報保護法の構想」
経済科学研究 18 (1), 131-147, 2014-09
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000219308解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!