このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219139
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢椿峰-2017-004
事例作成日
(Creation date)
2014/11/22登録日時
(Registration date)
2017年07月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年07月25日 10時39分
質問
(Question)
幕末・明治の時代に、ハプスブルク家かどこかのオーストリアの貴族に嫁いだ日本女性がいたと思うが、その人について知りたい。
回答
(Answer)
明治時代にオーストリア・ハンガリーの代理公使、ハインリッヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵と結婚したクーデンホーフ・光子(旧姓:青山みつ)という女性がいました。
 
下記資料に記載があります
 〇『国際結婚の黎明』 講談社 1989年
 〇『図説オーストリアの歴史』 河出書房新社 2011年
 〇『クーデンホーフ光子の手記』 クーデンホーフ光子/[著] 河出書房新社 2010年
 〇『クーデンホーフ光子伝』 木村毅/著 鹿島出版会 1973年
 〇『クーデンホーフ光子』 南川三治郎/著 河出書房新社 1997年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『国際結婚の黎明』 講談社 1989年
  p19-52 光子の生涯の概略について、白黒写真と略年譜付きで記載あり
 
 〇『図説オーストリアの歴史』 増谷英樹/著 河出書房新社 2011年
  p128 「コラム12 クーデンホーフ=カレルギーの「パン・ヨーロッパ」論」に「パン・ヨーロッパ」を唱えたリヒャルトに影響を与えた母として記載あり
 
 〇『クーデンホーフ光子の手記』 クーデンホーフ光子/[著] 河出書房新社 2010年
  幼くして父を亡くした下の子供たちに「パパ」を語る回想であるとして、東京に居た頃・父親について・ヨーロッパへ行った後など章立てて記載あり
  
 〇『クーデンホーフ光子伝』 木村毅/著 鹿島出版会 1973年
  光子の家族・信教と語学・夫の家族・皇后陛下の令旨・社交界・「パン・ヨーロッパ」・接渉した人々など、全27章にテーマを分けて記載あり
 
 〇『クーデンホーフ光子』 南川三治郎/著 河出書房新社 1997年
  ヨーロッパに嫁いだ後の光子について、また光子や家族の白黒写真、肖像画、スケッチの記録など多数の写真の記載あり
 
2.下記資料には記載が見つかりませんでした
 ×『ハプスブルク家と芸術家たち』 朝日新聞社 1995年
 ×『ハプスブルクをつくった男』 講談社 2004年
 ×『肖像画で読み解く世界の王室物語』 新人物往来社/編 新人物往来社 2011年
 ×『ハプスブルク家史話』 江村洋/著 東洋書林 2004年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
国際結婚の黎明 瀬戸内晴美/編 講談社 1989.6 281.04 4-06-184459-8
図説オーストリアの歴史 増谷英樹/著 河出書房新社 2011.9 234.6 978-4-309-76175-6
クーデンホーフ光子の手記 クーデンホーフ光子/[著] 河出書房新社 2010.8 289.3 978-4-309-41032-6
クーデンホーフ光子伝 木村毅/著 鹿島出版会 1973 289.3
クーデンホーフ光子 南川三治郎/著 河出書房新社 1997.5 289.3 4-309-22309-5
キーワード
(Keywords)
クーデンホーフ・光子
ミツコ
国際結婚
青山みつ
伯爵夫人
明治時代
ウィーン
社交界
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000219139解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!