このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219072
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-1333
事例作成日
(Creation date)
2017年05月17日登録日時
(Registration date)
2017年07月20日 14時58分更新日時
(Last update)
2017年11月05日 15時57分
質問
(Question)
法律が変って最高裁などで判決が変った判例を探して欲しい
回答
(Answer)
刑罰法規は、制定された以後の行為について、その効力を有する。刑罰法規を制定する以前の行為についてまで遡って適用することは、行為者の予測可能性を侵害することになり、罪刑法定主義上許容されない。刑罰法規不遡及の原則は、事後立法の禁止とも言われる。
『刑法総論』日高義博 成文堂 2015 より引用
上記にある「刑罰法規不遡及の原則」に反した判例と思われる判例が以下にあった。
『最新重要判例250刑法』第11版 前田雅英 弘文堂 2017 p5 「判例の不遡及変更」 最2小判平成8年11月18日
『ジュリスト』臨時増刊 No.1332 『平成18年度重要判例解説』p197 「第1審判決後になされた窃盗罪の法廷刑改正と刑訴法383条2号の「刑の変更」
最高裁平成18年10月10日第三小法廷決定

電話によるお問い合わせで、再度のご連絡がなく、ご本人に回答できず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会史.社会体制  (362 8版)
参考資料
(Reference materials)
前田雅英 著 , 前田, 雅英, 1949-. 最新重要判例250刑法 第11版. 弘文堂, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027970304-00 , ISBN 9784335301230
平成18年度重要判例解説(『ジュリスト』No.1332 臨時増刊)
前田雅英 著 , 前田, 雅英, 1949-. 刑法総論講義 第6版. 東京大学出版会, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026148954-00 , ISBN 9784130323734
日髙義博 著 , 日高, 義博, 1948-. 刑法総論 = Strafrecht AT. 成文堂, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026800151-00 , ISBN 9784792351625
キーワード
(Keywords)
法の不遡及
事後法の禁止
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!