このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218894
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
N161227111308
事例作成日
(Creation date)
2017/1/15登録日時
(Registration date)
2017年07月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月25日 11時30分
質問
(Question)
「ボールバランサ」と「洗濯機」について掲載されている論文複写について照会がありました。
KAKEN検索では、「不連続ばね特性とボールバランサによる洗濯機の制振」(平成18年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書」(請求記号:Y151-H18560228))がヒットしました。また、似たような論文名では、「不連続ばね特性を利用した洗濯・脱水機の制振法」が、『年次大会講演論文集(請求記号Z16-2044)』の2006年度(5)に概略が掲載されているようですが、この論文には「ボールバランサ」について記述されているか不明です。もし、記述されているようであれば、こちらの論文の概略ではなく、全文を探しております。
回答
(Answer)
1点目の資料について回答します。

こちらの資料は当館関西館で所蔵しています。
書誌事項は以下のとおりです。

タイトル  不連続ばね特性とボールバランサによる洗濯機の制振 /
責任表示  石田幸男, 名古屋大学 [著]
出版事項  [石田幸男], 2006-2007, 2008.5.
注記  文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書.
科研費番号  18560228
当館請求記号  Y151-H18560228
http://id.ndl.go.jp/bib/000009581978

当該資料の構成は以下のとおりです。

------------------------------------------------------------------------
表紙
はしがき
目次  pp.1-2
第1章  序論  pp.3-4
第2章  不連続ばね特性及び自動ボールバランサ  pp.5
 2.1  不連続ばね特性   pp.5-6
 2.2  自動ボールバランサ  pp.7
第3章  洗濯機の理論モデルと運動方程式  pp.8 
 3.1  縦型洗濯機  pp.8
  3.1.1  縦型洗濯機の理論モデル  pp.8
  3.1.2  縦型洗濯機の運動方程式  pp.9
  3.1.3  不連続ばねがある場合  pp.9-10
  3.1.4  さらに自動ボールバランサがある場合  pp.10-11
 3.2  横型洗濯機  pp.12
  3.2.1  横型洗濯機の理論モデル  pp.12
  3.2.2  横型洗濯機の運動方程式  pp.13
  3.2.3  不連続ばねがある場合  pp.13-14
第4章  数値シミュレーション  pp.15
 4.1  縦型洗濯機  pp.15
  4.1.1  補助ばね及びボールバランサがない場合  pp.16
  4.1.2  補助ばねがある場合  pp.16-17
  4.1.3  自動ボールバランサを導入した場合  pp.18
  4.1.4  補助ばねと自動ボールバランサと併用した場合  pp.19
  4.1.5  非定常の場合  pp.20-22
  4.1.6  まとめ  pp.22
 4.2  横型洗濯機  pp.23-24
  4.2.1  補助ばねがない場合  pp.24
  4.2.2  補助ばねがある場合  pp.25
  4.2.3  補助ばねの剛性に方向差がある場合  pp.26-31
  4.2.4  まとめ  pp.31
第5章  実験  pp.32
 5.1  縦型洗濯機の実験装置(非定常)  pp.32-37
  5.1.1  補助ばねがない場合  pp.38
  5.1.2  補助ばねがある場合  pp.39
  5.1.3  補助ばねと自動ボールバランサを併用した場合  pp.40
 5.2  縦型洗濯機の実験装置(定常)  pp.41-43
  5.2.1  補助ばねがない場合  pp.44
  5.2.2  補助ばねがある場合  pp.45
  5.2.3  補助ばねの剛性に方向差がある場合  pp.46
第6章  結言  pp.47
謝辞  pp.48
参考文献  pp.49

付録 
自動ボールバランサと不連続ばねを併用した洗濯・脱水機の制振  pp.1-6


当該論文は、全頁モノクロです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000218894解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!