このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218711
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2017-5
事例作成日
(Creation date)
2017/04/23登録日時
(Registration date)
2017年07月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年07月14日 10時43分
質問
(Question)
明治期の戸籍謄本に手書きされている先祖の氏名で、平仮名表記の部分を読み解きたいのだが、参考になる資料はあるか。
回答
(Answer)
コトバンク( https://kotobank.jp/ )内『日本大百科全書』「変体仮名」の項目や『戸籍実務六法』(p. 1631)によると、問合せのような字体は「変体仮名」と呼ばれるもので、昭和23年の戸籍法施行以前は、主に女性の名にしばしば用いられたそうです。たとえば、アの音を表すものにも「安」からできた「あ」(現在の平仮名の「あ」)のほか、「阿」や「悪」からできたものもあって併用されていたそうです。

変体仮名の一覧を収録する資料は、図書館では複数の分類に分かれて所蔵されているので、分類ごとに数点ずつ紹介します。その他にも変体仮名の一覧を収録する資料がありますので、回答プロセスの欄をご確認ください。
(戸籍)
【資料1】『戸籍実務六法 平成28年版』(日本加除出版法令編纂室編 日本加除出版 2015)
p. 1631-1635「変体仮名一覧」
(古文書)
【資料2】『古文書用字用語大辞典』(荒居英次[ほか]編集 柏書房 1980)
p. 644-652「変体かな一覧」
【資料3】『新編古文書解読字典』(林英夫監修 柏書房 1993)
p. 471-477「変体仮名用例一覧」
(書道)
【資料4】『変体がな解読字典』(竹田悦堂編 雄山閣出版 1998)
p. 129-139「かな字体一覧表」
【資料5】『漢字くずし方辞典』(児玉幸多編 東京堂出版 1993)
p. 494-516五十音順に変体仮名とその字母を記載しています。
(仮名)
【資料6】『図説かなの成り立ち事典』(森岡隆著 教育出版 2006)
p. 53-145「変体仮名」五十音順に各字を見開きで、変体仮名と字母、その解説を載せています。

なお、以下のウェブサイトでも変体仮名を一覧することができます。
【資料7】「文字情報基盤データベース」(情報処理推進機構)内「変体仮名一覧」
https://mojikiban.ipa.go.jp/1bf7a30fda/data/MJH
【資料8】「学術情報交換用変体仮名」(情報処理推進機構・国立国語研究所)
http://kana.ninjal.ac.jp/

(インターネット最終アクセス:2017年6月27日)
回答プロセス
(Answering process)
問合せのような字体の名称を特定するため、検索エンジンで「戸籍謄本」「明治の字体を読むには」「ひらがな」等のキーワードで検索したところ、次のウェブサイトに関連する記述がありました。

岩見沢公益社「相続の栞 3.戸籍の基礎知識 16.古い戸籍の文字」
http://souzoku.kouekisya.com/3-16.html
「明治~大正時代に作られた戸籍の場合、「変体仮名」が用いられている場合も多いので、戸籍を読み取るには独特の読解力も必要になります」として、「変体仮名とその字母の一覧表」を掲載しています。

コトバンク内『日本大百科全書』「変体仮名」の項目によると、「平仮名の字体のうち、現在普通には用いられないもの。(中略)たとえば、アの音を表すものにも「あ」(安から)のほかに(阿から)、(悪から)などがあって併用されたが、1900年(明治33)の小学校令施行規則により学校教育での統一が行われ、標準の字体以外はしだいに使用されないようになり、現在に至っている」ということです。

県立図書館の蔵書検索システムで全項目「変体仮名」と検索して、【資料5】【資料6】及び以下の資料を見つけました。
『社会人のためのビジュアルカラー国語百科』(大修館書店編集部編 大修館書店 2015)
裏見返しに「変体仮名書体表」があります。
『字典かな 写本をよむ楽しみ』(笠間影印叢刊刊行会編 笠間書院 2003)
p. 8-71五十音順で字母と変体仮名を載せています。
『古文書入門 下』(歴史教育者協議会編 河出書房新社 2000)
p. 339-341「変体仮名一覧表」

「リサーチ・ナビ」(国立国会図書館)( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ )で「変体仮名 戸籍」と検索して、【資料1】と以下の資料を見つけました。
『戸籍六法 平成25年版』(テイハン法令編纂部戸籍実務研究会編 テイハン 2012)
p. 1465-1468「変体仮名一覧表」平仮名とその字母、変体仮名とその字母を記載しています。
『人名用漢字と誤字俗字関係通達の解説』(日本加除出版株式会社編集部編 日本加除出版 2011)
p. 396-401「変体仮名一覧表」

また、県立中央図書館の書架で日本十進分類法728(書道)付近や811.5(仮名文字)、210.29(古文書)付近を確認して、【資料2】【資料3】【資料4】及び以下の資料を見つけました。

『かな用例字典』(中田易直編著 柏書房 1994)
国文資料編(古代・中世)、国文資料編(近世写本)、歴史資料編(古代・中世・近世)に分けられて、それぞれの中で五十音順に字母とその変体仮名を記載しています。
『書道百科事典』(阿保直彦編 木耳社 1991)
p. 256-269「変体がな一覧表」
『用例かな大字典』(中田易直[ほか]編 柏書房 1980)
上の『かな用例字典』と全く同じ内容です。

『図録・古文書入門事典』(若尾俊平編著 柏書房 1991)
p. 196-213「くずし字を読む 仮名 平仮名・変体仮名」
『古文書判読字典』(浅井潤子編 柏書房 1988)
p. 328-336「かな字母一覧」
『古文書大字典』(浅井潤子編著 柏書房 1987)
p. 356-364「かな字母一覧」
『新編 古文書入門』(高橋磌一編 河出書房新社 1984)
p. 407-409「変体仮名一覧表」
『図録 古文書の基礎知識』(若尾俊平編 柏書房 1979)
p. 118-123「くずし文字 かな(変体仮名)」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
民法.民事法  (324 9版)
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『戸籍実務六法 平成28年版』(日本加除出版法令編纂室編 日本加除出版 2015)(0106528340)
【資料2】『古文書用字用語大辞典』(荒居英次[ほか]編集 柏書房 1980)(9102888754)
【資料3】『新編古文書解読字典』(林英夫監修 柏書房 1993)(9102888191)
【資料4】『変体がな解読字典』(竹田悦堂編 雄山閣出版 1998)(0105357300)
【資料5】『漢字くずし方辞典』(児玉幸多編 東京堂出版 1993)(9102944343)
【資料6】『図説かなの成り立ち事典』(森岡隆著 教育出版 2006)(0105949697)
【資料7】「文字情報基盤データベース」(情報処理推進機構)内「変体仮名一覧」( https://mojikiban.ipa.go.jp/1bf7a30fda/data/MJH
【資料8】「学術情報交換用変体仮名」(情報処理推進機構・国立国語研究所)( http://kana.ninjal.ac.jp/
キーワード
(Keywords)
戸籍(コセキ)
仮名(カナ)
変体仮名(ヘンタイガナ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000218711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!