このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218667
提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎-356
事例作成日
(Creation date)
2017年06月16日登録日時
(Registration date)
2017年07月13日 13時07分更新日時
(Last update)
2017年07月13日 13時30分
質問
(Question)
江戸時代以前は、どのようにして時刻を知ったか?
回答
(Answer)
以下の資料を提供。

【資料1】「時間の日本史」の章に、平城・平安の都では漏刻(水時計)で測った時刻を鐘楼の上で鐘を打って時を知らせていたのではないか、地方では夜明けの時刻に合わせて時香盤に点火し時間を測っていた、又は正午に太陽が南中する時刻を基準にしてのではないかなどの記述あり。
【資料2】「和時計以前の日本の時計」の中に漏刻についての記述あり。
【資料3】「漏刻と時刻法」「寺院における時刻報知と香時計」「北斗・月・太陽の位置と時刻」の項あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
精密機器.光学機器  (535)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
時間革命. 角山榮 著 , 角山, 栄, 1921-2014. 新書館, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002839391-00 , ISBN 4403230601 (【資料1】p101-128)
図説時計の歴史. 有澤隆 著 , 有澤, 隆. 河出書房新社, 2006. (ふくろうの本)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008066404-00 , ISBN 4309760732 (【資料2】p90)
日本の時代史 ; 29 日本史の環境. 井上勲 編 , 井上, 勲, 1940-2016 , 石上, 英一, 1946-. 吉川弘文館, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007504195-00 , ISBN 4642008292 (【資料3】p167-174)
キーワード
(Keywords)
日本-歴史
時計-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000218667解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決