このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218490
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央115
事例作成日
(Creation date)
2017年05月10日登録日時
(Registration date)
2017年07月08日 14時14分更新日時
(Last update)
2018年01月05日 20時24分
質問
(Question)
千葉県には、多数の城郭や城址がありますが、石垣を伴うものがありません。(佐貫城跡には一部石積がありますが、こういうものではなく、切り石を幾何学的に計画的に積み上げたもの)なぜ石垣が無いのか、これを研究した書籍等はありますか。
回答
(Answer)
千葉県下の城郭や城址に石垣がないことを研究した書籍や文献は、残念ながら確認できませんでした。
千葉県の他、関東地方や東日本の城郭について言及された資料に、石垣がない理由と考えられる記述が確認できたものがございましたので、ご紹介します。

まず、関東地方の城郭構造の特色についてですが、下記のように書かれています。

「佐倉城は、石垣の使用が全くなく、連郭・梯郭併用縄張の丘城という、関東地方では典型的な城郭構造であった。
丘城は、堀切、空堀で丘陵を切断し、水堀は、丘の下方をめぐるかたちであることも、東国の城づくりの特色である。」
出典:『城郭と城下町 2 関東』P67 (小学館/発行、1984.5)

次に、石垣がない理由と考えられる記述をご紹介します。

「関東地方の城に石垣がほとんどないのは、材料となる石材が産出しないからである。
日本列島の地質図を見ると、関東地方だけに特異的に洪積層が集中しており、
花崗岩などの城郭石垣用石材が入手困難な状況がよく分かる。」
出典:『城のつくり方図典』P234 (三浦 正幸/著、小学館/発行、2005.3)

「鎌倉幕府の置かれた鎌倉と関東地方にはいわゆる岩山はない。
そこで石垣にかわる切岸という山や丘を急峻に削る技法が発達。」
出典:『城郭の見方・調べ方ハンドブック』P120 (西ケ谷 恭弘/編著、東京堂出版/発行、2008.6)

「近世になってもすべてが石塁(調査者註:本文中に「石塁は石垣のことです。」という説明があります。)になったわけではなく、関東や東北の城には近世でも土塁が多用」
「石塁には十分な石の確保が必要ですし、専門的に発達した技能も不可欠です。
その点では近畿以西の大名に一日の長があったのです。」
出典:『<図解>城のすべて』P30 (PHP研究所/編・発行、1995.3)

以上の3点の資料では、千葉県を含めた関東地方の城郭に石垣がない理由を、材料となる石材がないためと説明しています。
また、『<図解>城のすべて』からは、東日本よりも西日本において、
石垣造りのための専門的な技能が発達していたと読みとることができます。

上記以外の理由としては、戦国時代から江戸時代にかけての時代背景が要因となったと考えられるようです。
『中世・戦国・江戸の城 城の見どころはここだ 別冊歴史読本 97』(新人物往来社/発行、2004.10)の7頁から8頁にかけて、時代背景に関する記述がありました。
それによると、慶長五年(1600年)の関ヶ原合戦で勝利した徳川家康は、
勝利に貢献した豊臣恩顧の大名に大幅加増を与えましたが、
領地は西日本を中心とした遠国とし、畿内・東海から遠ざけました。
大幅加増を得た豊臣大名たちは城郭を次々と築城し、
現在、全国に残る城のほとんどは、このとき基礎が築かれたといって間違いないと書かれています。
これらの城は、熊本城に代表されるような、高石垣を多用した、
きわめて軍事的色彩の強い城であったとのことです。
回答プロセス
(Answering process)
地域資料のうち城郭に関する資料を調査するが、千葉県の城郭・城址に石垣がない理由に言及しているものは確認できなかった。
また、千葉県立図書館ホームページから、千葉県関係のデータベースや画像などの検索ができる「菜の花ライブラリー」で「石垣」、「城」、「城郭」、「構造」等のキーワードで検索するが、雑誌記事や論文は確認できなかった。

地域資料や千葉県関連のデータベースでは見つからなかったため、一般書の城郭に関する資料を調査することとする。
関東地方の城郭についての資料を調査したところ、関東地方の城郭構造の特徴について書かれている資料が見つかった。
→『城郭と城下町 2 関東』P67

城郭構造や城の建築方法を中心に調査を行ったところ、
千葉県に限定したものではないが、関東地方の城に石垣がない理由と考えられる記述が見つかった。
→『城のつくり方図典』P234、『城郭の見方・調べ方ハンドブック』P120、『<図解>城のすべて』P30

城郭に関する概論的な資料を調査したところ、東日本に石垣を持った城郭が少ない原因と推測できる
歴史的背景が書かれている資料が見つかった。
→『中世・戦国・江戸の城 城の見どころはここだ 別冊歴史読本 97』P7~8
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
城郭と城下町 2. 小学館, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001674969-00 , ISBN 409569002X (P67)
三浦正幸 著 , 三浦, 正幸, 1954-. 城のつくり方図典. 小学館, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007668934-00 , ISBN 4096260916 (P234)
西ケ谷恭弘 編著 , 阿部和彦, 大橋健一, 笹崎明 著 , 西ケ谷, 恭弘, 1945- , 阿部, 和彦 , 大橋, 健一, pub.2008 , 笹崎, 明. 城郭の見方・調べ方ハンドブック. 東京堂出版, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009403865-00 , ISBN 9784490206364 (P120)
PHP研究所 編 , PHP研究所. 「図解」城のすべて. PHP研究所, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002393246-00 , ISBN 4569546587 (P30)
中世・戦国・江戸の城 : 城の見どころはここだ. 新人物往来社, 2004. (別冊歴史読本 ; 第29巻 第29号)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007537517-00 , ISBN 4404030975 (P7~8)
キーワード
(Keywords)
城郭
石垣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000218490解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決