このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218379
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-1326
事例作成日
(Creation date)
20170622登録日時
(Registration date)
2017年07月06日 10時35分更新日時
(Last update)
2017年11月05日 15時57分
質問
(Question)
150年前の神戸開港当時のパンのレシピ等の資料があるか。
回答
(Answer)
明治2年、神戸の居留地にイギリス人とフランス人のパン屋が2軒あったという記述は以下の資料の中にあった。その根拠、店の詳細、パンのレシピについての記述はなし。
『パンの明治百年史』パンの明治百年史刊行会 1970
『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』阿古真理 NHK出版 2016

明治25年、外国人相手のパン屋として神戸で、フランス人が「ドンパル」というパン屋を創業し、この当時、日本人経営の食パン屋が3件あったとし、武田伍八、南玉吉、西村松之助、3人の名前が、『日本のパン四百年史』に挙がっている。※同書は所蔵しておらず国会デジタルで確認
江戸時代のパンの作り方について、『楢林雑話』(『海表叢書』巻2 所収)立原翠軒 の中に、 -小麦粉四升に醴酒一升ばかりを入てよくこね、銅器に入上下に火をかけてこれをやくー とある。

『日本製粉株式会社七十年史』日本製粉株式会社 1968 の、日本での小麦粉の歴史の中で、横浜、東京におけるパン食の生成と小麦粉の輸入についての記述がある。

明治初期の西洋料理のレシピとして、以下の資料がある。パンやパン粉を使っての料理はあるが、パンそのもののレシピはない。
『西洋料理通』仮名垣魯文 明治5年(『明治文化全集』第8巻 風俗編 日本評論社 1955 所収)
『高等料理法』第2館 和文編 エ・エム・チャーメルス, イ・エフ・クロウ 明治35年 ※国会デジタル送信館で閲覧可能
『高等料理法』は神戸イギリス領事館副領事夫人らが著した。

大正期のパン製造に関する図書に以下のものがあり。
『最新麺麭製造法』田辺玄平 東京割烹講習会 1917
『麺麭の智識と製法』土岐章 富山房 1919
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 8版)
衣住食の習俗  (383 8版)
農産物製造.加工  (619 8版)
参考資料
(Reference materials)
パンの明治百年史. パンの明治百年史刊行会, 1970.
日本のパン四百年史. 日本のパン四百年史刊行会, 1956.
日本製粉株式会社/編 , 日本製粉株式会社. 日本製粉株式会社七十年史. 1968.
キーワード
(Keywords)
パン
明治
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000218379解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!