このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217901
提供館
(Library)
大垣市立図書館 (2310279)管理番号
(Control number)
R1000150
事例作成日
(Creation date)
2016/11/28登録日時
(Registration date)
2017年06月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月26日 00時30分
質問
(Question)
図書館用語に「排架」という言葉がある。「排」の字は「排除」などのように捨てる印象があるがなぜ「排」なのか。
回答
(Answer)
日本図書館情報学会用語辞典編集委員会編『図書館情報学用語辞典』によると、「排架」とは「個々の図書館資料を,請求記号などの所定の排列順序に基づいて,書架上に並べること」とある。図書館用語辞典編集委員会編『最新図書館用語大辞典』では「配架」とも表記されている。諸橋轍次著『大漢和辞典 巻五』で「排」の字の意味を調べると、「ならぶ。ならべる。」の意味がある。一方『大漢和辞典 巻十一』で「配」の意味を調べると、「ならべる」といったような意味はない。「排架」の意味からすると「ならべる」の意を持った「排」の字をあてているのではないかと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
B11718582 図書館情報学用語辞典 日本図書館情報学会用語辞典編集委員会/編 丸善出版 2013.12 010.33 978-4-621-08774-9
B10608721 最新図書館用語大辞典 図書館用語辞典編集委員会/編 柏書房 2004.4 010.33 4-7601-2489-6
B10135873 大漢和辞典 巻11 諸橋轍次/著 大修館書店 1985.12 813.2 4-469-03087-2
B10129132 大漢和辞典 巻5 諸橋轍次/著 大修館書店 1985 4469030759
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
事項調査
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000217901解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!