このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217312
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000033601
事例作成日
(Creation date)
2017/05/04登録日時
(Registration date)
2017年06月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月29日 11時14分
質問
(Question)
製菓材料として売られている、かのこ(鹿の子)豆の作り方が載っている本はないか。
回答
(Answer)
下記の資料を提供したうち、以下の資料を借り出しされた。
●『和菓子技とこつ』堀 正幸/著 柴田書店 1995(596.6)
●『はじめて作る和菓子のいろは』 宇佐美 桂子/著 世界文化社 2015
●『菓子の事典』小林 彰夫/編集 朝倉書店 2000(588.3)
回答プロセス
(Answering process)
▽596(料理)の棚で、和菓子の作り方の本を探す。
●『和菓子技とこつ』堀 正幸/著 柴田書店 1995(596.6)
P.112に「鹿の子菓子」として、小さく切った求肥を餡でくるみ、蜜漬けの豆をつけた菓子が紹介されている。P.117に、大納言蜜漬けを使った「小豆鹿の子(しょうずかのこ)」の作り方が載っている。
利用者が言っている「かのこ豆」は、この「大納言蜜漬け」のことで、同書P.39に、「大納言蜜漬け」の作り方が載っている。

●『はじめて作る和菓子のいろは』 宇佐美 桂子/著 世界文化社 2015(596.6)
P.12~13に「小豆の蜜漬け」の作り方掲載あり。

▲『季節を楽しむかわいい和菓子』山崎 彩/著 学研パブリッシング
 P.31に「小豆のみつ漬け」を使うレシピがあり、解説があるが詳細な作り方の記載はなし。「甘納豆で代用できる」とある。

▲『京都・和久傳 料亭のできたて甘味』関谷 江里/文 世界文化社 2015(596.6)
 P.75に材料として「鹿の子豆(大納言小豆)」の解説があるが作り方は記載なし。「一から手作りすると大変に時間と手間がかかるので、質のいい市販品を利用する」とある。


▽国立国会図書館のリサーチ・ナビで「かのこ豆」検索。
 ●『和洋菓子の拵へかた』金子倉吉, 木村吉隆 著 宅大連出張所 1928
 (永続的識別子:info:ndljp/pid/1109885) 
 コマ51~52に「かのこ豆煮込み法」が記載されている。文章のみで写真等はなし。


▽リサーチナビ(小豆 蜜煮)で検索
「本みりんによる小豆蜜煮の煮崩れ防止効果」( http://ci.nii.ac.jp/naid/10014052510
小豆の下茹でに水でなく本みりんをを使うことで、煮崩れを防止し、かつ軟らかく仕上げることができるという実験結果の報告がある。

▽市内他館に依頼して、小豆の蜜煮のレシピを探してもらったところ、以下が見つかった。
●『菓子の事典』小林 彰夫/編集 朝倉書店 2000(588.3)
 第Ⅲ編「和菓子」6節「岡仕上げ菓子」1項「鹿の子類」a「大納言鹿の子」(P.251)
→作り方として「豆の煮熟、蜜漬けまでは甘納豆と同様」とあり、仕上げについて記載。
 甘納豆の作り方は同項e「甘納豆」(P253~254)に詳しい。

<参考>
●『郷土の恵みの和のおやつ』河津 由美子/著 コモンズ 2006(596.6)
 →(P.18)蜜煮ではないが「小豆の甘煮」のレシピあり。

●『豆料理きほんのき』長谷川 清美/著 主婦と生活社 2013(596.3)
 →(P.18)蜜煮ではないが「豆の甘煮」のレシピあり。

●『きょうの料理』2015年11月号 (雑誌)
 →(P.94)「ほんのり甘納豆」の写真付きの詳細なレシピあり。
 →(P.96)上記の甘納豆を使ったかのこ菓子「柚子鹿の子」のレシピあり。

●『和菓子』金塚 晴子/著 講談社 2002(596.6)
 →(P82~83)「ほのあまかのこ」として白花豆も用いるレシピあり。ここでは粉寒天、水、グラニュー糖、水あめで作る「錦玉液」を刷毛で塗ってかのこ豆様の照りをつけている。

●『豆のひみつ』小竹 千香子/著 さ・え・ら書房 2001(596)
 →黒豆を例に、豆をやわらかく、中まで味をしみこませて煮るための方法について解説。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『和菓子技とこつ』 堀 正幸/著 柴田書店
『はじめて作る和菓子のいろは』 宇佐美 桂子/著 世界文化社
『菓子の事典』 小林 彰夫/編集 朝倉書店
『和菓子』 金塚 晴子/著 講談社
キーワード
(Keywords)
和菓子(ワガシ)
小豆(アズキ)
鹿の子豆(カノコマメ)
かのこ豆(カノコマメ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生以下
登録番号
(Registration number)
1000217312解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決