このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217134
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001024140
事例作成日
(Creation date)
2017/05/16登録日時
(Registration date)
2017年06月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月10日 00時30分
質問
(Question)
メンズリブ運動の理論と歴史(特に日本でのもの)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
関連すると思われる図書、HPについて、以下列記いたします。

・『女性学・男性学:ジェンダー論入門』(伊藤公雄/著 有斐閣 2011.5)
p123~128「特講2 男性学って何?」にて、男性運動に関し、特にその発祥の地であるアメリカにおける理論、経緯、展開について簡潔にまとめられています。

・『男性の「生き方」再考:メンズリブからの提唱』(中村彰/著 世界思想社 2005.9)
p36~39「コラム2 メンズリブがめざしていること」ほか全編にわたり、日本での発祥と展開、理論について著者の具体的な体験談等を交えつつ記述されています。
※著者中村彰氏の情報発信HP「メンズリブ・男性学・ジェンダー論」(2017/5/16確認)
http://office-nakamura1120.net/

・『日本のフェミニズム 別冊:男性学』(井上輝子/ほか編 岩波書店 1995.5)

・『はじめて語るメンズリブ批評』(蔦森樹/編 東京書籍 1999.8)
等でも、特に日本でのメンズリブについて様々な視点から記述されています。

[事例作成日:2017年5月16日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 8版)
参考資料
(Reference materials)
女性学・男性学 改訂版 伊藤/公雄∥著 有斐閣 2011.5 (123~128「特講2 男性学って何?」)
男性の「生き方」再考 中村/彰∥著 世界思想社 2005.9
日本のフェミニズム 別冊 井上/輝子∥[ほか]編 岩波書店 1995.5
はじめて語るメンズリブ批評 蔦森/樹∥編 東京書籍 1999.8
キーワード
(Keywords)
メンズリブ(メンズリブ)
男性解放運動(ダンセイカイホウウンドウ)
男性運動(ダンセイウンドウ)
男性学(ダンセイガク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000217134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決