このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217133
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001023957
事例作成日
(Creation date)
2017/05/11登録日時
(Registration date)
2017年06月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月10日 00時30分
質問
(Question)
中国・宋時代の料理についての資料を探しています。
回答
(Answer)
中国・宋時代の料理についての資料をご紹介します。

1.図書
1)『中国食物史』(篠田統/著 柴田書店 1985)
第四編 中世
 第一章 北宋
 第二章 南宋

2)『中国食文化事典』(木村春子/[ほか]編著 角川書店 1988.3)
V 中国食文化略史年表
p.561 北宋代(960-1127)
 水稲づくりが、南方とともに北方でも大きく発展し、水稲が全国の食糧で首位の座を占める。

p.562 南宋代(1127-1279)
 宋朝の南方への逃亡に伴い、麦食を習慣とする北方人が南方に移住したため、南方で麦の需要が急増し、麦作がさかんになり、一部で二期作が行われるようになった。また、高粱も南北ともにさかんに作られるようになった。

3)『宋代の料理と食品』(中村喬/著 中国芸文研究会 2000.4)

4)『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典 1: 祖先の食・世界の食』(Kenneth F.Kiple/[編] 朝倉書店 2005.11
II 世界の食べ物と飲み物
 B アジアにおける食の歴史と文化
  3 中国 p.152-153 唐末から宋初、宋代 

2.雑誌記事
1)中村喬「宋代の料理 1:「煮」の属--〔オウ〕・〔オツ〕・〔トン〕について」『立命館文學』544(立命館大学人文学会  1996.3)p.1291-1315

2)中村喬「宋代の料理 2:「焼」の属--炙・燠・〔コウ〕・焼について(炒・煎・油〔チョウ〕を付す)」『立命館文學』645(立命館大学人文学会 1996.6)p.20-51

3)中村喬「宋代の料理 3:その他--蒸・〔サン〕・〔コク〕・凍・簽・醸・潅・水竜」『立命館文學』546(立命館大学人文学会 1996.8)p.128-162

4)中村喬「宋代の料理 (特集 食の風景--宴の演出と造形)」『アジア遊学』21(勉誠出版 2000.11)p.2-12

[事例作成日: 2017年5月11日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
中国食物史 篠田/統∥著 柴田書店 1985 (127-180)
中国食文化事典 木村/春子∥[ほか]編著 角川書店 1988.3 (561-562)
宋代の料理と食品 中村/喬∥著 中国芸文研究会 2000.4
ケンブリッジ世界の食物史大百科事典 1 Kenneth F.Kiple∥[編] 朝倉書店 2005.11 (152-153)
図説 中国 食の文化誌 王/仁湘∥著 原書房 2007.3
立命館文學 立命館研究所 立命館大学人文学会  544 (1291-1315)
立命館文學 立命館研究所 立命館大学人文学会  545 (20-51)
立命館文學 立命館研究所 立命館大学人文学会  546 (128-162)
アジア遊学 勉誠出版  21 (2-12)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000217133解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決