このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217116
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001024477
事例作成日
(Creation date)
2017/04/15登録日時
(Registration date)
2017年06月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月10日 00時30分
質問
(Question)
アメリカの絵画における「抽象表現主義」とは何か。これについて書かれた資料を知りたい。
回答
(Answer)
●「抽象表現主義」とは
『世界美術大事典 3 し-てえ』(小学館 1989.6)のp.381「抽象表現主義」の項には、「抽象芸術の一つ。とくに第二次大戦後のアメリカに普及した潮流をさし、素材と色彩および流動的な形態の表現機能を追求」とあります。
この抽象表現主義を定義するために「アクション・ペインティング」という美術用語が批評家により創出されました。同事典1巻p.43に「切迫した動作、大胆で激しい即興性に身をゆだねることで、画家の身につけた技能とエネルギーを流出させることに特徴がある。・・・ドリッピングの手法も試みられている。」とあります。ドリッピングとは、同事典4巻のp.124によれば、「カンヴァスの上に絵具をたらして、その偶然の効果を利用する絵画技法」とあります。

●資料
<図書>
・『アメリカの芸術:現代性を表現する(USA guide)』(藤枝晃雄/編 弘文堂 1992.11)p.100-104
・『ニューヨーク・スクール:ある文化的決済の書』(ドリー・アシュトン/著 朝日出版社 1997.10)p.208-223

<論文>
・猿谷要「貧困から繁栄へ-アメリカ社会のダイナミズム」『美術手帖』30(437)(美術出版社1978.8)p.152-159
当該号は、「抽象表現主義」の特集号で、折込年表などもあります。

[事例作成日:2017年4月15日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702 8版)
参考資料
(Reference materials)
世界美術大事典 3 小学館 1989.6 (381)
世界美術大事典 1 小学館 1988.12 (43)
世界美術大事典 4 小学館 1989.9 (124)
アメリカの芸術 藤枝/晃雄∥編 弘文堂 1992.11 (100-104)
ニューヨーク・スクール ドリー・アシュトン∥著 朝日出版社 1997.10 (208-223)
美術手帖 美術出版社  30<437-438> (152-159(no.437))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000217116解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決