このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216789
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001160
事例作成日
(Creation date)
2017/05/30登録日時
(Registration date)
2017年06月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月08日 10時56分
質問
(Question)
「モートン病」の症状・対処法について書かれている本を探している。
回答
(Answer)
以下の2冊を紹介しました。
①『標準整形外科学』松野丈夫/総編集,医学書院,2014
②『医学書院医学大辞典』伊藤正男/総編集,医学書院,2009
回答プロセス
(Answering process)
1.グーグルで正式病名を確認
→「モートン病」で間違いないよう。
 
2.当館OPACフリーワード検索で「モートン病」を検索。
→『新・足のクリニック』井口傑/著,南江堂,2015 がヒットしたが当館に所蔵なし。
 
3.494.67付近をブラウジング
『足の大学』,大杉京子ほか/著, フレグランスジャーナル社,2016
『はじめてのフットケア』中西健史/著,メディカ出版,2012
『家庭医学大全科』高久史麿/総合監修,法研,2010
→記載なし
 
以下の書籍に記載あり
①『標準整形外科学』松野丈夫/総編集,医学書院,2014
P719~720「Morton(モートン)病」より抜粋
【病態】
20~50歳台の女性に好発し、歩行時に釘を刺したような鋭い痛みを生じる。ハイヒールのような踵が高く前足部が圧迫される靴を履くと、中足骨の骨頭部に荷重が集中して原因となる。
【治療】
足趾が十分使えない状況では中足骨頭部への負荷が増すため、ハイヒールは避けトウボックスの広い靴を選ぶようにする。疼痛が著しい場合は神経ブロックが有効であり、保存治療に抵抗する場合には神経剥離術や神経切離術を考慮する。
 
②『医学書院医学大辞典』伊藤正男/総編集,医学書院,2009
P2771「モートン病」より抜粋
好発部位は第3,4趾間で、中年の女性に多い。中足より足趾に及ぶ疼痛および知覚障害を訴える。疼痛は長距離歩行後、長時間起立後あるいは窮屈な靴を履くことで出現する。(中略)窮屈な靴を履かないこと、ステロイドの局注、消炎鎮痛薬投与が効果的である。軽快しない例には神経腫の摘出術を行う。
 
(追加調査・その他の資料)
・『メルクマニュアル 第18版』p.359-360“モートン神経腫”
・『レタスクラブ 2015/12/25号』p.115特集ページあり
・『クロワッサン 2016/05/10号』p.115特集ページあり
事前調査事項
(Preliminary research)
テレビで「モートン病」のことを知った。自分の症状と同じようなので確認したい。
NDC
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
標準整形外科学 松野丈夫/総編集 医学書院 2014.2 494.7, ISBN 978-4-260-01787-9
医学書院医学大辞典 伊藤正男/総編集 医学書院 2009.2 490.33, ISBN 978-4-260-00582-1
メルクマニュアル マーク・H.ビアーズ/英語版編集 日経BP社 2006.12 490.36, ISBN 4-8222-0398-0 (p.359-360 モートン神経腫)
レタスクラブ 2015/12/25 p.115 WOMEN'S CLINIC 「モートン病」 KADOKAWA 1987.11.10 590.5
クロワッサン 2016/05/10 マガジンハウス 1977.4 051.7 (p.115 今これ、治せるかも。足のトラブル②モートン病)
キーワード
(Keywords)
モートン病
Morton
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000216789解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!