このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000215631
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-002
事例作成日
(Creation date)
2016年11月01日登録日時
(Registration date)
2017年05月04日 15時55分更新日時
(Last update)
2017年07月12日 14時21分
質問
(Question)
「多形慢性痒疹」とは、どのような疾患・症状なのか。また、悪化させないよう日常で注意すべきことは何かが知りたい。
回答
(Answer)
質問に関する記述のある下記の資料を紹介した。
回答中「掻痒」と記述された熟語のうちの「掻」は、医学用語では「やまいだれに又・虫」(数値参照:瘙)と記載されているが、JIS漢字コードの範囲では表記できないため「掻」を代用した。

『皮膚疾患最新の治療 2015-2016』(渡辺晋一[ほか]編 南江堂 2015)
 p45-46 「痒疹」の節中、慢性痒疹の説明中に記載あり。
 「中高年の側腹部、腰臀部に新旧の丘疹が多発し、一部では丘疹が集簇して苔癬化、紅斑、落屑などの多様な所見を呈する」とあり。
 「痒疹」の節、「生活指導」の項に悪化させないように注意すべきことについて記載あり。

『皮膚科疾患ビジュアルブック』(五十嵐敦之編 学研メディカル秀潤社 2012)
 p62 「多形慢性痒疹」の章に疾病概念、症状、治療法についての記載あり。
 
『今日の皮膚疾患治療指針』(塩原哲夫ほか編 医学書院 2012)
 p310 「湿疹・皮膚炎・痒疹,掻痒症,紅皮症」の章、「B 痒疹群 - 急性痒疹,慢性痒疹」の項あり。「病態・発症機序」「臨床症状」「治療方針」について解説している。

《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)から以下のガイドラインが全文閲覧できる。
佐藤貴浩[ほか]著「慢性痒疹診療ガイドライン」(「日本皮膚科学会雑誌 Vol.122 No.1」p1-16 日本皮膚科学会  2012.1)( http://doi.org/10.14924/dermatol.122.1
 病態・症状・治療法アルゴリズムについて記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 NDC分類〈494.8〉(皮膚科学)の棚を確認する。自館目録を〈痒疹 or 皮膚疾患〉で検索する。
『皮膚疾患最新の治療 2015-2016』(回答資料)
『皮膚科疾患ビジュアルブック』(回答資料)
『今日の皮膚疾患治療指針』(回答資料)

2 ガイドラインを探す。
《東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース》( http://guideline.jamas.or.jp/  東邦大学医学メディアセンター,医学中央雑誌刊行会)を〈多形慢性痒疹〉で検索する。
「慢性痒疹診療ガイドライン」(回答資料)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年11月1日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
『皮膚疾患最新の治療 2015-2016』(渡辺晋一[ほか]編 南江堂 2015), ISBN 978-4-524-26593-0
『皮膚科疾患ビジュアルブック』(五十嵐敦之編 学研メディカル秀潤社 2012), ISBN 978-4-7809-1080-3
『今日の皮膚疾患治療指針』(塩原哲夫[ほか]編 医学書院 2012), ISBN 978-4-260-01323-9
キーワード
(Keywords)
多形慢性痒疹
皮膚病
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000215631解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決