このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000215397
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000032783
事例作成日
(Creation date)
2017/03/23登録日時
(Registration date)
2017年04月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年05月15日 14時43分
質問
(Question)
スーパーで毎日のように卵をたくさんもったアカガレイを見るが、一番おいしい時期はいつかなど、この魚について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
いずれの本にも食べ方の例として「煮付け」「煮魚」が挙げてあった。

『魚 1』(真珠書院)
『魚 2』(真珠書院)
『魚の事典』(東京堂出版)
『原色魚類大図鑑』(北隆館)
回答プロセス
(Answering process)
『魚 1』(真珠書院)
P114にアカガレイ(赤鰈)の解説。
「カレイ科の海水魚。宮城より北の太平洋と、島根より北の日本海、それにオホーツク海に分布する。体高は低く、やや細長い体をしている。口が大きく、下アゴが少し突き出している。体色は有眼側は褐色で斑紋はない。無眼側は赤く、そこからこの名前がついた。全長45cmに達する。水深50~900mぐらいの砂泥底にすむ。産卵期は11~6月。煮つけや塩焼き、新鮮なものはさしみにもする。福井や兵庫ではマガレイと呼ぶ。」
P227、カレイの解説の項には、「カレイの煮つけは短時間でさっと煮るのがコツ」とのあり。
P14では「魚のシュン」について解説。

『魚 2』(真珠書院)
P447にマガレイ(真鰈)の解説。
「身は厚く、味がよい。秋から冬にかけてさしみ・あらい・煮つけなどにむく。」

『魚の事典』(東京堂出版)
P9-10にアカガレイの解説。
「塩干しがよいが、刺身にもする。子持ちは煮付けて美味。」

『原色魚類大図鑑』(北隆館)
P918にアカガレイの解説。カレイ目カレイ科アカガレイ属とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
ある本に「においにくせがあり煮付けに不適」とあったが、自分は煮付けにして食べている、とのこと。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『魚1』河野 友美/編(真珠書院) (P114)
『魚の事典』能勢 幸雄/[ほか]編集(東京堂出版) (P9-10)
『原色魚類大図鑑』(北隆館) (P918)
『海の魚大図鑑』石川 皓章/著(日東書院本社) (P326-328)
『魚2』河野 友美/編(真珠書院) (P447)
キーワード
(Keywords)
魚(サカナ)
海水魚(カイスイギョ)
カレイ(カレイ)
アカガレイ(アカガレイ)
マガレイ(マガレイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『海の魚大図鑑』(日東書院本社)
P326にマコガレイの地域名(富山)としてアカガレイが挙げてあり、「釣りでは冬の子持ちのころを旬とする向きもあるが、食の世界では初夏が旬。」との解説。
P328にマガレイの地域名(岩手)としてアカガレイとの記述あり。
しかし、マコガレイ、マガレイはともにアカレイ目カレイ科ツノガレイ属とあり、無眼側も赤くない(白い)ので、一般的にアカガレイと呼ばれる魚とはまったく別種と考えられる。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000215397解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!