このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214854
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001022258
事例作成日
(Creation date)
2017/02/03登録日時
(Registration date)
2017年04月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年04月16日 00時30分
質問
(Question)
消防が通常の疾病者にまで搬送範囲を広げていった経緯をわかりやすく説明した資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
消防が災害とは言えない通常の疾病にまで守備範囲を広げていった経緯については、昭和38(1963)年と昭和61(1986)年の消防法一部改正に大きなポイントがあるようです。

・『火災の実態と消防の現況 昭和39年版 (消防白書)』(自治省消防庁/編 大蔵省印刷局 1964)
p.67-69 第4 救急業務
昭和38年までの消防法の一部改正までの経緯について、詳しい記述があります。


○インターネット情報
・橋本 雄太郎「消防法第2条第9項に関する昭和61年一部改正の意義」『杏林社会科学研究』 32(1)(杏林大学 2016.8)p.19-32
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/faculty/general_policy/student/journal/pdf/2016vol32no1_02hashimoto.pdf
(2017/2/3現在)
戦前、戦後の救急業務の状況から昭和61(1986)年にいたるまでの当該業務に関する経緯が詳しく記述されています。

[日本法令索引]
国会で、消防法における救急業務がどのように議論され、どのように改正されていったかが確認できます。

・日本法令索引>現行法令>消防法>法令沿革一覧(2017/2/3現在)
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=kkSYec13L5CIPPTkHa3kiA%3d%3d

・日本法令索引>現行法令>消防法>法令沿革一覧>昭和38年4月15日法律第88号>審議経過(2017/2/3現在)
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewShingi.do?i=104301085

[事例作成日:2017年2月3日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 8版)
参考資料
(Reference materials)
火災の実態と消防の現況 昭和39年版 自治省消防庁∥編 大蔵省印刷局 1964 (67-69)
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/faculty/general_policy/student/journal/pdf/2016vol32no1_02hashimoto.pdf  (橋本 雄太郎「消防法第2条第9項に関する昭和61年一部改正の意義」『杏林社会科学研究』 32(1)(杏林大学 2016.8))
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/  (日本法令索引(国立国会図書館))
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=kkSYec13L5CIPPTkHa3kiA%3d%3d  (日本法令索引>現行法令>消防法>法令沿革一覧(国立国会図書館))
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewShingi.do?i=104301085  (日本法令索引>現行法令>消防法>法令沿革一覧>昭和38年4月15日法律第88号>審議経過)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000214854解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!