このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214848
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001021341
事例作成日
(Creation date)
2017/01/09登録日時
(Registration date)
2017年04月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年04月16日 00時30分
質問
(Question)
鳥の渡りについて、なぜ渡りをするのか、何を頼りに渡りをするのか知りたい。
回答
(Answer)
『鳥類学辞典』(山岸哲/監修 昭和堂 2004.9)
p.865 渡りとは、「定期的に繁殖地と越冬地など長距離を往復する移動」とあります。

次の資料に説明がありました。
●鳥はなぜ渡りをするのか
・『鳥ってすごい! (ヤマケイ新書)』(樋口広芳/著 山と溪谷社 2016.3)
p.142-145 「そもそも、なぜ渡るのか?」食物を十分に確保するためとの説明があります。以下の資料にも同様な説明があります。

・『鳥学の100年:鳥に魅せられた人々』(井田徹治/著 平凡社 2012.9)
p.149-151

・『鳥たちの旅:渡り鳥の衛星追跡 (NHKブックス)』(樋口広芳/著 日本放送出版協会2005.9)
p.117-118 「渡り鳥はなぜ渡る」

・『鳥の渡りを調べてみたら』(ポール・ケリンガー/著 文一総合出版 2000.5)
p.11-26 「第1章 鳥たちはどうして渡るのだろう」

・『鳥たちのふしぎ・不思議』(加藤幸子/[ほか]著 晶文社 1993.10)
p.153-156「鳥はなぜ渡るのか?」

●何を頼りに渡りをするのか
前出の以下の資料に記述がありました。
・『鳥ってすごい! (ヤマケイ新書)』
p.145-153「何をたよりに渡っているのか」に分かりやすく説明がありますが、後述の同著者の『鳥たちの旅:渡り鳥の衛星追跡 (NHKブックス)』、ポール・ケリンガー著の『鳥の渡りを調べてみたら』には実験にもとづいた説明があります。

・『鳥学の100年:鳥に魅せられた人々』
p.152-156

・『鳥たちの旅:渡り鳥の衛星追跡 (NHKブックス)』
p.119-123「渡る先をどうやって知るのか」

・『鳥の渡りを調べてみたら』
p.27-43 「第2章 科学者の渡りの研究法」

・『鳥たちのふしぎ・不思議』
p.156-160 「鳥はどうやって渡るのか?」

[事例作成:2017年1月9日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 8版)
参考資料
(Reference materials)
鳥類学辞典 山岸/哲∥監修 昭和堂 2004.9
鳥ってすごい! 樋口/広芳‖著 山と溪谷社 2016.3
鳥学の100年 井田/徹治∥著 平凡社 2012.9
鳥たちの旅 樋口/広芳∥著 日本放送出版協会 2005.9
鳥の渡りを調べてみたら ポール・ケリンガー∥著 文一総合出版 2000.5
鳥たちのふしぎ・不思議 加藤/幸子∥[ほか]著 晶文社 1993.10
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000214848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!