このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214302
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2016-12-009
事例作成日
(Creation date)
2016/12/2登録日時
(Registration date)
2017年03月31日 11時59分更新日時
(Last update)
2017年04月21日 12時51分
質問
(Question)
松平不味の茶会記について調べているのだが、文化年間以前に催された茶会記が載った資料はないか。 招待された客の名前が分かればなおよい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介。

【資料1】 『茶の湯春秋 不昧公展』 (田部美術館)
  p88-98 「岡本宗修号有心庵懐記  田部美術館理事 横井謙二郎」
   「岡本宗修懐記」 は松江藩医師、岡本瑞庵(瑞泉、隠居号は宗修)の記録した茶会記で、安永4年(1775)
   ~文化3年(1806)の31年間133回に及び、松江藩士をはじめ六十余人の客の名がある。
   そのうち安永四年(1775)~享和三年(1803)の間に松江城内で催された十六会の記録が p91-98に掲載
   されている。

【資料2】 『松平不昧傳 増補』 (原書房)
  中巻 第十章 懐石  
   p194-199 「享和二戌七月二十一日、江府屋敷谷ノ茶屋悉皆出来に付、披の節御客飾付」 として茶会の
    記録あり。
   「客  三助殿 本多随翁殿 久世道空殿 未白殿 伊勢屋権平 伏見屋宗振」と記載あり。
   
【資料3】 『茶禅不昧公』 (寶雲舎) 
  p236-241 「享和二戌七月二十一日、江府屋敷谷ノ茶屋悉皆出来に付、披の節御客飾付」 として【資料2】
   と同じ内容の記載あり。

国会図書館デジタルコレクション  (国会図書館/図書館送信限定)
 『日本美術工藝 臨時増刊 187』 (日本美術工藝社 昭和29年4月15日発行)
  p22-38 「不味公年譜」 p25 に、安永四年の記録として 「三月廿二日 茶事を催す」 との記載あり。 
  この日の自筆会記が遺っており (※出典:松江市正井儀之丞氏蔵 不味遺墨集 昭和三年島根県美術協会
  刊行) 、内容が p25-26に掲載されている。  
  「公二十五歳の筆であるから、現在知られている公の茶会記中の最も早いものである」 との記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】田部美術館 編 , 田部美術館. 茶の湯春秋 不昧公展. 田部美術館, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069427201-00  (p88-98 当館請求記号 郷貸出791/タ01)
【資料2】松平家編輯部 編纂 , 松平家. 松平不昧傳 増補復刊. 原書房, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002839735-00 , ISBN 4562032529 (中巻 p194-199 当館請求記号 郷貸出289.1/マ99)
【資料3】高橋竜雄 著 , 高橋, 竜雄, 1868-1946. 茶禅不昧公. 宝雲舎, 1944.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000667885-00  (p236-241 当館請求記号 郷092.8/134 ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
島根県
松江藩
松平治郷
松平不昧
茶道
茶会記
懐石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000214302解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter


レファ協とは?

図書館員等の方へ

おすすめデータ

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ