このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000213591
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr490
事例作成日
(Creation date)
2017年01月27日登録日時
(Registration date)
2017年03月30日 16時48分更新日時
(Last update)
2017年08月03日 14時11分
質問
(Question)
小山市南半田(旧下都賀郡桑村大字南半田)について書かれた郷土資料を探している。
村の歴史、特に幕末から明治初期の住民について書かれているものを探しており、南半田の前身である半田村の資料も含め、この地域の郷土資料などがあれば知りたい。
回答
(Answer)
小山市南半田(旧下都賀郡桑村大字南半田)の歴史等に関する記述を確認した資料をご紹介します。
残念ながら、歴史や住民について詳細な記述のある資料は確認できませした。

・『桑村郷土誌』(桑尋常高等小学校/編、発行 1911)※自館複製資料
頁付のない手書き資料です。目次はあります。
「第二編 人文界」の目次から、半田村の掲載の可能性がある項目をお調べしました。

「第二章 教化」「第一節 神社 寺院」「檜原神社」の項に「半田村」の文字を確認できます。
「第三章 郷土の沿革」「第一節 総説及各字沿革」に「南半田の沿革」の項があり、1頁分の記述があります。
「第三章 郷土の沿革」「第三節 明治維新前に於ける各字管轄状況」の項に「半田」の文字を確認しました。

・『小山市の地名由来と歴史』(菅間久男/著 随想舎 2006)
「第九章 桑地区」に「二、南半田〔みなみはんだ〕」の項があります。(p.221-223)
地名の由来に関する記述が主ですが、項の後半に、「半田」の表記がある中世史料を紹介しています。

・『徳田浩淳著作選集 6 下野の領地と村名』(徳田浩淳/著 国書刊行会 1983)
江戸時代における下野国(栃木県)内の宿、町、村の支配状況と村高を示した資料です。(「例言」より)
p.74「【桑村】」の項に「半田村」があり、支配者の名前等が掲載されています。
(情報の見方は巻頭の「例言」にまとめられています。)

・『栃木県大百科事典』(栃木県大百科事典刊行会/編、発行 1980)
p.679「南半田」の項に、250字程度の記述があります。

・『小山市史 通史編2 近世』(小山市史編さん委員会/編 小山市 1986)
巻末の「遺跡・寺社・地名索引」を確認すると、「半田〔村・河岸〕」の掲載頁が分かります。(以下の7ヶ所)
p.54-56「市域を支配した領主」(「第1章 江戸幕府の成立と小山」「3 領主の変遷」内)
p.165-166「村々入会の展開」(「第3章 近世村落の成立と領主支配」「3 近世村落の成立」内)
p.253-258「日光街道の成立」(「第5章 宿駅と河岸の展開」「1 宿駅と助郷制の成立」内)
p.297-299「年貢米の輸送」(「第5章 宿駅と河岸の展開」「2 河川交通の展開」内)
p.306-310「三拝河岸」(「第5章 宿駅と河岸の展開」「2 河川交通の展開」内)
p.505「積荷物出入」(「第8章 地廻り経済の発展と小山」「6 河川交通の進展」内」)
p.537-541「定助郷村の休役と代助郷」(「第9章 化政・天保期の社会変動と小山」「2 助郷制の変質と解体」内)

・『小山市史 通史編3 近現代』(小山市史編さん委員会/編 小山市 1987)
巻末の「遺跡・寺社・地名索引」を確認すると、「南半田〔半田河岸〕」の掲載頁が分かります。(以下の5ヶ所)
p.187-189「桑地区の土地利用」(「第1章 明治国家の成立」「3 農業生産と地域の諸産業」内)
p.189-191「桑地区の農業」(「第1章 明治国家の成立」「3 農業生産と地域の諸産業」内)
p.444-446「思川の水運」(「第2章 日清・日露戦争と小山」「4 鉄道と河川交通」内)
p.465-499「水害と治水問題」(「第2章 日清・日露戦争と小山」「5 初等教育と社会問題」内)
p.504-506「豊田村の築堤紛争」(「第2章 日清・日露戦争と小山」「5 初等教育と社会問題」内)

このほか、調査の過程で次の関連情報を確認しました。
・『栃木県市町村誌』(平井恒重/編 栃木県町村会 1955)
p.373-377「桑村」の項に、桑村の地勢や沿革等についての記述があります。
p.373の桑村の地図に「南半田」の大字を確認できます。
南半田に関する歴史等の言及は確認できませんでした。

・『栃木県町村合併誌 第5巻』(栃木県 1958)
p.228-250に「桑絹村の合併の状況」についてまとめられています。
(桑村は昭和31年に絹村と合併し、桑絹村となりました。)
桑村についてはp.229-237に、沿革、合併当時の状況、合併までの経緯等の記載があります。
文中に「南半田村」の文字を確認できますが、南半田村に関する歴史等の言及は確認できませんでした。

・『桑村郷土調査』(桑尋常高等小学校/編、発行 1930)※自館複製資料
昭和5年発行の手書き資料です。目次・頁付はあります。
p.11の「人口」等の項で「南半田」の文字がありますが、南半田の歴史に関する記述は確認できませんでした。

・『小山のあゆみ』(小山市史編さん委員会/編 小山市 1977)
「水運と河岸」の項に「半田」の文字を確認できます。(p.146-148)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
栃木県
小山市南半田
下都賀郡桑村大字南半田
地域史
郷土史
郷土誌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000213591解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ