このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000213352
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-16-183
事例作成日
(Creation date)
2016年9月23日登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年09月15日 09時40分
質問
(Question)
『須高』に「米持氏」についての論文はあるか。また、「米持氏」について記述されている資料があれば、その箇所を知りたい。
回答
(Answer)
<雑誌論文>
・強度雑誌『須高』を「米持」で検索したが、米持氏に関する論文、記事の該当はない。『須高』以外の郷土史関係の雑誌の記事にも確認できなかった。

<図書資料>
・『長野県姓氏歴史大辞典』p989では、米持氏の詳細は不明としながらも、『諏訪御符礼之古書』に「米持滝芳丸」「米持安芸守満貞」の名前が見える旨の記述あり。(『諏訪史料叢書』第2巻に所収されている『諏訪御符礼之古書』から、p.670, 679, 687, 703-704, 706, 715-717を紹介。)
・『上高井郡誌』復刻版p.138-140, 145, 150-152, 711、および『須坂市史』p.99-102,128, 185-192に米持氏についての記述が散見される。
・『北佐久郡志』復刻版p.411-412および『立科町誌』p223, 226-228, 276に、戦国期の米持氏についての記述が見られる。
・『信濃史料』第18巻所収の『文禄3年定納員数目録 下』(宮城県 尾崎一郎氏所蔵)の文書中(p.64-79)、「尾崎衆」(67p)の項目中に「一 七拾五石 米持次右衛門」が見られる。尾崎は現在の飯山市。
回答プロセス
(Answering process)
1 当館作成の郷土雑誌記事索引で『須高』を「米持」で検索する。「米持」で3件ヒットするが、米持町に関することで、米持一族に関するものではない。『須高』以外の郷土史関係の雑誌ではヒットはない。

2 『長野県姓氏歴史大辞典』p.989では、米持氏の詳細は不明だが、『諏訪御符礼之古書』に「米持滝芳丸」「米持安芸守満貞」の名前が見える旨の記述がある。

3 『信濃史料』索引巻の人名で「米持」を引くと、「米持滝芳丸」「米持安芸守満貞」以外にも該当があった。4の「米持次右衛門」以外は『諏訪御符礼之古書』からの引用のため、『信濃史料』ではなく『諏訪史料叢書』第2巻に所収されている『諏訪御符礼之古書』の当該箇所を紹介する。

4 『信濃史料』第18巻所収の『文禄3年定納員数目録 下』(宮城県 尾崎一郎氏所蔵)の文書中(p.64-79)、「尾崎衆」(67p)の項目中に「一 七拾五石 米持次右衛門」が見られる。「尾崎衆」の尾崎を『長野県の地名』で確認する。尾崎郷は現在の飯山市。

5 井上氏、米持氏の所領は長野県上高井郡にあたり、現在は須坂市のため、『上高井郡誌』、『須坂市史』で記述を確認。

6 Googleで「米持氏」と検索すると個人のブログ「山城めぐり」の「氏族の追跡(長享日記の真偽)⑤」【2018.9.6】に、立科町にある倉見城に米持氏がいた旨の記述があった。『北佐久郡志』、『立科町誌』を調べると、戦国期の米持氏についての記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
中部地方  (215 8版)
参考資料
(Reference materials)
・『長野県姓氏歴史大辞典』 同編纂委員会 1996(角川日本姓氏歴史大辞典20) (【N288/158】)
・『諏訪史料叢書』第2巻(復刻版) 諏訪教育会編・刊 1983 (【N241/7a】)
・『上高井郡誌』復刻版 上高井郡教育会編・刊 1914(千秋社 1999) (【N214/89】)
・『須坂市史』須坂市史編纂委員会 須坂市 1981 (【N214/50】)
・『立科町誌』歴史編上 立科町誌編纂委員会 立科町誌刊行会 1997 (【N222/118/3】)
・『北佐久郡志』精髄復刻版 長野県北佐久郡役所 1915 (千秋社 1997) (【N222/127】)
・『信濃史料』第18巻 文禄3年-慶長5年 信濃史料刊行会編・刊 1970 ( 【N208/28a/18】)
・『よくわかる長野県の名字』森岡浩著 しなのき書房 2008 (【N288/233】)
・『国史大系 60上 尊卑分脈第3篇』黒板勝美編 吉川弘文館 2001 (【210.08/クカ/60-1】)
・『長野県歴史人物大事典』神津良子編 郷土出版社 1989 (【N283/13】)
キーワード
(Keywords)
米持氏
甕氏
茂田井氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物 地名
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000213352解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!