このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212637
提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2016-0013
事例作成日
(Creation date)
2016/03/15登録日時
(Registration date)
2017年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 09時25分
質問
(Question)
「さようなら」という別れの言葉について、日本語と外国語の考え方の違いについて書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
【資料1】『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』(竹内整一著 筑摩書房 2009 ちくま新書)
p12 世界の別れの言葉を「神のような存在のご加護を願う」「再び会いましょう」「お元気で」という三つのタイプに分類し、説明している。
また資料全体を通じて、
p14「なぜ日本人は、このように、「さようなら(ば)」「それでは」といった言い方で別れてきたのだろうか。その別れ方が、世界では一般的でないとすれば、それは、日本人の、人生や世界のどのようなとらえ方、また他者のどのようなとらえ方に基づいているのだろうか。」を論じている。

【資料2】『翼よ、北に』(アン・モロー・リンドバーグ著 みすず書房 2002)
p245-249 「サヨナラ」
「「サヨナラ」を文字どおりに訳すと、「そうならなければならないなら」という意味だという。これまでに耳にした別れの言葉のうちで、このようにうつくしい言葉をわたしは知らない。Auf WiedersehenやAu revoirやTill we meet againのように、別れの痛みを再会の希望によって紛らわそうという試みを「サヨナラ」はしない。目をしばたたいて涙を健気に抑えて告げるFarewellのように、別離の苦い味わいを避けてもいない。」
この他、「Good-by」や「Adios」についても記述がある。

【資料3】『田中英光全集 11』(田中英光著 芳賀書店 1965)
p405-409「さよならの美しさ」
さよならは、「Auf Wiedersehen(ドイツ語)またはAu Revoire(フランス語)のごとく「また逢う日まで」と別離の苦痛を延ばすことによって和らげようとしたり、空威張りをしてその苦痛を紛らわそうとしません。またFarewell(英語)みたいに、頑固に別離の情を無視する態度ではありません。」
「言い過ぎているのはGood-bye(英語。「神、汝とともにあれ」)とAdios(イタリア語)です。両方とも別離から来る距離を超越し殆ど否定しようと試みています。」

【資料4】石垣幸雄著「あいさつの生態学」(『言語』10巻4号)p20-26
四 お別れ
イギリス・ドイツ・フランスなど各国の別れの言葉が紹介されているが詳しい解説は書かれていない。

【資料5】鈴木孝夫・田村すゞ子・横山正座談会「あいさつ・身体・空間」(『言語』10巻4号)p44-60
別れの言葉に限定されていないが、挨拶の言葉について、日本語と外国語との考え方の違いが語られている。

【資料6】沢木幹栄・杉戸清樹著「世界のあいさつ言葉の対照研究に向けて―あいさつ言葉への視点」(『国文学 解釈と教材の研究』1999年5月号)p126-138 
別れの言葉に関しては、【資料4】の石垣幸雄「あいさつの生態学」四 お別れを引用しながら、【資料5】の鈴木孝夫氏の発言を紹介しているが、沢木氏と杉戸氏による追加の解説はない。

【資料7】『拾遺日本文法論』(奥津敬一郎著 ひつじ書房 1996)
p409-431 奥津敬一郎・沼田善子著「日・朝・中・英のあいさつ言葉」
日・朝・中・英のあいさつ言葉について、各国の言語ごとに解説している。「さようなら」も含まれているが、言語間の比較はされていない。
回答プロセス
(Answering process)
Webcat Plusで「さようなら」「さよなら」「別れの言葉」などのキーワードを用いて検索し、【資料1】が見つかった。【資料1】の参考文献から【資料2】及び【資料3】を確認。CiNii Articlesで「さようなら」「さよなら」「別れの言葉」などのキーワードを用いて検索し、【資料4】~【資料6】が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語生活  (809 9版)
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか 竹内整一/[著] 筑摩書房
翼よ、北に アン・モロー・リンドバーグ/[著] みすず書房
田中英光全集 11 田中 英光/著 芳賀書店
言語 大修館書店 1981年4月号
言語 大修館書店 1981年4月号
国文学 解釈と教材の研究 学燈社 1999年5月号
拾遺日本文法論 奥津 敬一郎/著 ひつじ書房
あいさつ語辞典 奥山 益朗/編 東京堂出版
日本語学研究事典 飛田 良文/編 明治書院
身近なことばの語源辞典 西谷 裕子/著 小学館
キーワード
(Keywords)
さよなら(サヨナラ)
さようなら(サヨウナラ)
あいさつ(アイサツ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212637解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!