このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212492
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2016-035
事例作成日
(Creation date)
2013/06/19登録日時
(Registration date)
2017年03月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 14時11分
質問
(Question)
1960年安保に登場する米国大統領新聞系秘書(現在の報道官)「ジェームス・C・ハガティ(ハガチー)」(James・Campbell・Hagerey 1909.5.9~1981.4.11)の略歴に関する資料が見たい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『20世紀西洋人名事典 2』日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 1995年
 〇『現代物故者事典 1980~1982』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1983年
 〇『年刊人物情報事典 '82‐1』 日外アソシエーツ 1982年
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料の内容を確認
 〇『20世紀西洋人名事典 2』 
  P1185~1186に「ハガチ-,ジェームズ・C. Hagerty,James C.」の項に「1909(1910年説あり)-1981.4.11 米国のジャーナリスト。ABC副社長、米大統領新聞係秘書。1934年ニューヨーク・タイムズ紙記者、43年デューイ・ニューヨーク州知事新聞係秘書、53年米大統領新聞係秘書を歴任し、61年ABC副社長。60年4月来日。」と記載あり。
 〇『現代物故者事典 1980~1982』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1983年
  P394 「ハガチー,ジェームズ・C.」の項に記載あり。
 〇『年刊人物情報事典 '82‐1』 日外アソシエーツ 1982年
  P345 「ハガチー,ジェームズ・C.」の項に記載あり。
 △『アメリカ合衆国大統領』
  P36~39 「名報道官ハガディ」の項にアイゼンハワー政権の報道官であったと記載あり。
 △『アイゼンハワー回顧録』 1、2
  随所にハガディについて触れられている。
 
2 確認をしたが、記載のなかった資料
 ×『ホワイトハウスストーリーズ』
 ×『ホワイトハウスの職人たち』
 ×『現代アメリカ像の再構築』
 ×『ホワイトハウスとメディア』
 ×『来日西洋人名事典』
 ×『アメリカ人名辞典』
 
3 国立国会図書館サーチ
 △『The diary of James C. Hagerty : Eisenhower in mid-course, 1954-1955 / edited by Robert H. Ferrell』Bloomington : Indiana University Press, c1983
  国立国会図書館で所蔵。原文資料。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
ヨーロッパ  (283 9版)
参考資料
(Reference materials)
20世紀西洋人名事典 2 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 1995.2 283.033
現代物故者事典 1980~1982 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1983.4 281.033 4-8169-0236-8
年刊人物情報事典 '82‐1 日外アソシエーツ 1982.9 281.033 4-8169-0162-0
キーワード
(Keywords)
ジェームズ.C.ハガティ
シェームズ.C.ハガチー
ジェイムズ.キャンベル.ハガティ
ジム・ハガティ
ホワイトハウス報道官
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000212492解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!