このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211745
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-137
事例作成日
(Creation date)
2016年05月06日登録日時
(Registration date)
2017年03月15日 14時49分更新日時
(Last update)
2017年06月07日 14時35分
質問
(Question)
織田信長の「人生50年下天のうちを比ぶれば」や徳川家康の「人生は重荷を背負いて長き道を行くがごとし」のように、性格を表している歌が豊臣秀吉にあるか知りたい。
回答
(Answer)
下記資料の辞世の和歌や名言を紹介した。

『歴史人 2012年8月号』(ベストセラーズ 2012.8)
 「戦国武将の名言」
 p22-27「天下人・秀吉の言葉に隠された本音」に「太閤記」や、文書類に記述された、計17の言葉あり。
 「辞世の句 露と落ち露と消えにし我が身かな難波の事も夢のまた夢」もあり。

『歴史と旅 1984年9月号』(秋田書店 1984.9)
 「戦国武将の家訓と名言」
 グラビア「豊臣秀吉」に「われ天下を取れば、大名に遣はすとて、皆わが国なり。その蔵入なくば、毎日諸大名より一飯を養はれて済むことなり」
 p102-109「豊臣秀吉の名言」に「「加減関白円」という薬がある。これを服めば誰でも関白になれる、と秀吉が言った。処方は、「正直五両、堪忍四両、思案三両、分別ニ両、用捨一両」とあり。このほかにも、秀吉の言葉の引用あり。

『豊臣秀吉のすべて』(桑田忠親編 新人物往来社 1981)
 p120「なにわの事」に「つゆとをちつゆときへにしわがみかな なにわの事もゆめの又ゆめ 松 これはいうまでもなく豊臣秀吉の辞世の和歌である。」とあり。

『豊臣秀吉 天下人への道』(歴史と文学の会編 勉誠社 1995)
 p112「信長の好んだ『敦盛』の「人間五十年、下天の内を比ぶれば、夢まぼろしの如くなり。ひとたび生を得て、滅せぬ者のあるべきか」の件と、秀吉が辞世として遺した「つゆとをち つゆときへにし わがみかな なにはの事も ゆめの又ゆめ」の歌には、通い合うものがある。」
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈戦国武将 & 名言〉で検索する。
豊臣秀吉の伝記資料を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『歴史人 2012年8月号』(ベストセラーズ 2012.8)
『歴史と旅 1984年9月号』(秋田書店 1984.9)
『豊臣秀吉のすべて』(桑田忠親編 新人物往来社 1981), ISBN 4-404-01077-X
『豊臣秀吉 天下人への道』(歴史と文学の会編 勉誠社 1995), ISBN 4585050191
キーワード
(Keywords)
豊臣 秀吉(トヨトミ ヒデヨシ)
人生訓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211745解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!