このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211674
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-147
事例作成日
(Creation date)
2016年05月14日登録日時
(Registration date)
2017年03月14日 17時16分更新日時
(Last update)
2017年06月07日 17時21分
質問
(Question)
戊辰戦争における東山道総督府総督は板垣退助か知りたい。
回答
(Answer)
東山道総督府総督は岩倉具定、板垣(乾)退助は1868(明治元)年2月9日に東山道総督府軍の参謀に任命され、14日に「土佐藩兵を総督する」総督兼大隊司令 東山道先鋒総督府参謀兼帯として出征した。関連記述のある以下の資料を提供した。

『北関東会津戊辰戦争』(島遼伍著 随想社 2004)
 p37「東山道総督府」の項に「岩倉具定、具経兄弟を正副総督に配し、板垣退助、伊地知正治、宇多栗園(りつえん)を参謀とした東山総督府軍は、二月二十日美濃大垣城下に集結。(中略)大垣城下を発った東山道軍は、一路中仙道をたどり、二月二十九日、信州本山宿(下諏訪西方十七キロ)において軍議を開き、重要な決定事項をくだした。(中略)総督府は甲州への進攻を決し、鳥取藩兵八小隊(約八〇〇名)、土佐藩兵十二小隊(約六〇〇名)から成る板垣支隊を編成、甲府城へ派遣した。(中略)一方、東山道軍本隊は、碓氷峠を越え、上州高崎へと転進した。」
 p38-39「【東山道軍】正総督:岩倉具定 副総督:岩倉具経 参謀:板垣退助 伊地知正治 宇多栗園」

『板垣退助君傳記 第4巻(明治百年史叢書 第462巻)』(宇田友猪著 原書房 2010)
 p2195「板垣退助年譜」に「1868(明治元)2月9日東海道先鋒総督府参謀拝命。14日東征の途に就く。18日美濃大垣に至る。「乾」を改め「板垣」と称す。3月1日上諏訪陣す。3日上諏訪諏訪を発し甲府に向う。6日甲州勝沼の戦いで大久保剛(近藤勇)率いる幕軍を破る。」とあり。

『史伝板垣退助』(糸屋寿雄著 清水書院 1974)
 p95「正月六日、そのときすでに藩庁から出兵の命をうけて隊伍を編成し、隊号も迅衝隊と名づけられていた。(中略)正月十三日、(中略)部署を整えた。総督は家老の深尾丹波成質、当時三二歳の乾退助は大隊司令としてその兵権をにぎり、(後略)」
 p100「関東親征の詔勅が発せられると、鎮撫総督は先鋒総督に改められ、二月六日土佐藩は東海道先鋒総督に付属して桑名出張の命をうけたが、九日になってこれは東山道先鋒所属に変更された。乾退助は、宇田栗園とともに総督府参謀に命ぜられ、土佐藩兵を総督することになった。幹部及び各小隊長は左記のとおりである。総督兼大隊司令東山道先鋒総督府参謀兼帯 乾退助正形(後略)」
 p103「十八日、大垣に入る。ときに東山道先鋒総督岩倉具定、副総督岩倉具経が此処に滞陣し、(中略)土佐藩先着の三小隊は前野久米之助これを率い、乾らの新手と交替し、翌日大垣を発して京都に引き返した。」

『戦争の日本史 18 戊辰戦争』(吉川弘文館 2007)
 p114「1 東征軍の組織 東海道軍に続き、一月九日、東山道鎮撫総督として岩倉具定(具視の子)、副総督に弟の具経が任命された。参謀は(中略)二月には土佐の乾(板垣)退助と薩摩の伊知地正治に代わった。」
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を確認し、上記回答に掲載した資料を確認した。

《国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)に以下の事例あり。
「戊辰戦争時の東山道総督府の総督、参謀等が誰であったか知りたい。(宇都宮市立図書館)」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134079  国会図書館)

ウェブサイトの最終アクセス日は2016年5月14日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『北関東会津戊辰戦争』(島遼伍著 随想社 2004)
『板垣退助君傳記 第4巻(明治百年史叢書 第462巻)』(宇田友猪著 原書房 2010)
『史伝板垣退助』(糸屋寿雄著 清水書院 1974)
『戦争の日本史 18 戊辰戦争』(吉川弘文館 2007)
キーワード
(Keywords)
戊辰戦争
板垣 退助(イタガキ タイスケ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211674解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!