このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211664
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-145
事例作成日
(Creation date)
2016年05月06日登録日時
(Registration date)
2017年03月14日 16時56分更新日時
(Last update)
2017年06月07日 16時42分
質問
(Question)
長野県の松代城近くの防空壕について、大本営用・内閣用・皇室用がそれぞれ作られたのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に関連の記述があり、これを紹介した。

『松代大本営 歴史の証言』(青木孝寿著 新日本出版社 1992)
 p14図2「ロ号倉庫(舞鶴山地下壕)・仮皇居等の設計図と建造物の用途」
 各号舎に天皇・皇后・大本営等の記載あり。
 p16「松代大本営等の工事概要」概要あり。
 p89「マ(三・二三)工事」はじまる」に「このときの工事の概要はつぎのとおりであった。①仮皇居(御座所)の地上施設(中略)②天皇・皇后専用の地下壕と内部木造施設(いわゆる地下宮殿)(中略)③ロ号倉庫を大本営が使用するための内部仕上げ(中略)④立退き民家のうちロ号倉庫の南と西側に近接する二棟の改造(中略)⑤その他」とあり。

《長野市観光施設 松代象山地下壕のご案内》( https://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/kankou/22100.html  長野市)
 「松代大本営地下壕は、(中略)第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦の最後の拠点として、極秘のうちに、大本営、政府各省等をこの地に移すという計画のもとに、昭和19年11月11日から翌20年8月15日の終戦の日まで、およそ9箇月の間に建設されたもので、突貫工事をもって、全工程の約8割が完成しました。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を確認する
『松代大本営 歴史の証言』(回答資料)
『長野県史 通史編 第9巻 近代 3』(長野県編 長野県史刊行会 1990)
 p602「本土決戦と松代大本営」に「このころ長野高等女学校(長野西高)に設けられた長野軍管区司令部も、御座所建築計画と関係があったとみられる。四月五日とつじ西条村の筒井地区一九〇戸に立退き命令がだされ、御座所建築の準備がすすめられた。その場所は舞鶴山下のロ地区で、建設されていた地下壕の南端に大本営の事務室・会議室、それに接続して半地下式の仮御座所と専用地下壕(地下御殿)を建築するというものであった。」とあり。

2 インターネット情報を確認する
《長野市観光施設 松代象山地下壕のご案内》(回答情報)

その他調査済み資料
『松代地下大本営 証言が明かす朝鮮人強制労働の記録』(林えいだい著 明石書店 1992)

ウェブサイトの最終アクセス日は2016年4月29日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
『松代大本営 歴史の証言』(青木孝寿著 新日本出版社 1992), ISBN 4-406-02070-5
キーワード
(Keywords)
松代城
防空壕
長野県-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211664解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決