このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211604
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-131
事例作成日
(Creation date)
2015年07月16日登録日時
(Registration date)
2017年03月14日 09時33分更新日時
(Last update)
2017年06月02日 13時55分
質問
(Question)
信号等の整備されていない交差点において自転車はどのように入っていくのが正しいのかが分かる資料が見たい。
どういった入り方が違法で、どういった入り方が適法なのかが知りたい。
回答
(Answer)
該当記述のある以下の図書を紹介した。

1 法的な根拠が掲載されている資料
『自転車事故の法律相談』(高木宏行[ほか]編著 学陽書房 2014)
 p24-26「7 自転車の交差点進行」の項目に、「信号のない交差点を進行する場合」の解説あり。解説中に道路交通法上の条文が明示されている。 

2 図解で分かりやすく説明している資料
『自転車ルールを守って楽しく乗ろう 1巻 自転車のルールとマナー』(和田浩明文 高村忠範イラスト 汐文社 2003)
 p34-39 信号機のない交差点での直進、左折、右折の方法についてそれぞれ記述あり。
『正しい自転車の乗り方』(埼玉県県民部交通安全課)
 p17-19「9 交差点の渡り方」信号機のない交差点の渡り方については右折の方法のみ記述あり。正しい右折と誤った右折が図示されている。
『安全に楽しく乗ろう!自転車まるわかりブック 1 自転車のルールとマナー』(谷田貝一男[ほか]監修 教育画劇 2012)
 p24-27「友だちがいるところまでわたれるかな?」
回答プロセス
(Answering process)
1 自転車の道路交通法について調べる
《自転車の道路交通法》( http://law.jablaw.org/rw_cross4  公益社団法人自転車道路交通法研究会)
 信号機のない交差点では、道路標識等によって示された優先道路、明らかに幅の広い方の道路、徐行・一時停止の道路標識がない方の交通が優先となる。これらで優先関係が定まらない場合には、「左方優先」となる。   
 根拠法令として「道路交通法第36条」あり。

2 自館目録を〈自転車 & 交通〉で全項目検索する
『正しい自転車の乗り方』(埼玉県県民部交通安全課)(回答資料) 
『自転車ルールを守って楽しく乗ろう 1巻 自転車のルールとマナー』(和田浩明文 高村忠範イラスト 汐文社 2003)(回答資料)
『安全に楽しく乗ろう!自転車まるわかりブック 1 自転車のルールとマナー』(谷田貝一男[ほか]監修 教育画劇 2012)(回答資料)
『自転車事故の法律相談』(高木宏行[ほか]編著 学陽書房 2014)(回答資料)
 
ウェブサイトの最終アクセス日は2015年7月16日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
運輸工学.車両.運搬機械  (536 9版)
参考資料
(Reference materials)
『自転車事故の法律相談』(高木宏行編著 岸郁子編著 学陽書房 2014), ISBN 978-4-313-51157-6
『自転車ルールを守って楽しく乗ろう 1巻 自転車のルールとマナー』(和田浩明文 高村忠範イラスト 汐文社 2003), ISBN 4-8113-7655-2
『正しい自転車の乗り方』(埼玉県県民部交通安全課)
『安全に楽しく乗ろう!自転車まるわかりブック 1 自転車のルールとマナー』(谷田貝一男[ほか]監修 教育画劇 2012), ISBN 978-4-7746-1642-1
キーワード
(Keywords)
交通規則
交通安全
自転車
道路交通法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
交通規則
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!