このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211223
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001020899
事例作成日
(Creation date)
2016/12/15登録日時
(Registration date)
2017年03月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月08日 00時30分
質問
(Question)
ゲストハウスの経営に役立つ本はないか。
回答
(Answer)
以下の所蔵図書・雑誌とwebサイトを紹介した。

【図書】

・『大家さん!これからの不動産投資は「ゲストハウス・シェアハウス」が絶対お得です! : 資金30万円からはじめられる』 柏木/珠希∥著 (秀和システム 2010.1)

p.22-24「『ゲストハウス』と『シェアハウス』の違いは?」に、両者を区別して位置づけていた例も紹介されているものの、「昨今では『シェアハウス』という言葉を使いたがるオーナーさん、管理運営会社が増えている<中略>以下は『シェアハウス』という言葉で統一したいと思います。」とあることから、以下のシェアハウスに関する資料も紹介した。

・『これからのシェアハウスビジネス 地域活性化で日本再生!』 三浦/展‖共著 (住宅新報社 2014.8)
こちらのp.1でも「当時はまだシェアハウスという言葉はなく、『ゲストハウス』と呼ばれていました。<中略>空き家となる自宅をゲストハウス(シェアハウス)として活用することを考案しました」と、ゲストハウスとシェアハウスを区別なく使っている。

・『利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣』 仲尾/正人‖著 (セルバ出版 2014.4)
(こちらには「ゲストハウス」という言葉は見当たらない。) 

・『申込殺到!のシェアハウスのつくりかた 賃料収入が2倍に!?』 細山/勝紀∥著 (自由国民社 2013.5)
p.25に「多くの外国人バックパッカーがそこを利用するようになりました。<中略>『外国人ハウス』などとも呼ばれました。<中略>やがて、日本人のみが住むようなゲストハウスや、安いだけではなく設備の整ったゲストハウスも増えていきます。そうやって進化していった延長線上に、今のシェアハウスがあります。」とあり。

・『シェアハウスで蘇る!不動産“新”ビジネス 2万9000円で安心して暮らせる都市型ライフスタイル』 水谷/紀枝∥著 (ロコモーションパブリッシング 2009.5)
p.5には「”シェアハウス”とはゲストハウスの一種です。」とあり。
p.115には「チューリップ不動産が提供する女性だけのゲストハウスを”シェアハウス”と呼ぶことにしました。<中略>”シェアハウス”は、従来のゲストハウスと同じシステムのものです。しかし、女性が安心して快適に暮らせることを強くアピールし、ゲストハウスが潜在的に持ってしまっているであろうマイナスのイメージを払拭するために、あえて呼び方を変えることにした」とあり、両者はシステムが同じで、イメージが異なるということが記されている。

・『ゲストハウス白書 2008』 ([ひつじインキュベーション・スクエア] [2008])

・『ゲストハウスに住もう! : TOKYO非定住生活 』 今/一生∥著 (晶文社 2004.12)
p.133-180「3 業者トップ座談会」
p.181-191「4 ゲストハウス&優良業者の紹介」

・『LIFEWORK : 街と自然をつなぐ12人の働きかたと仕事場』 小倉/崇∥著 (祥伝社 2013.6)
p.60-65 白井健二(ゲストハウス『シャンティクティ』宿主)「百姓にひとつブラスした百一姓になる : 働きかたと仕事場」

・『金沢世界都市構想における多文化共生社会の実現に向けて : 多文化共生のコミュニティづくり : 2010年7B研究成果報告書 』 (金沢まちづくり市民研究機構7Bグループ 2010.9)
p.B28-B29 田村謙治「ゲストハウスPongyi(ポンギー)訪問報告書」にオーナーの体験談等あり。

【雑誌】

・『不動産フォーラム21』 305号(2015年9月号) p.7-11「 コンサルティング基礎講座 旅館業法の特例によってゲストハウス・ビジネスはどうなるのか」
 その他、CiNiiでヒットした雑誌記事も紹介。

【webサイト】

・業界団体「日本シェアハウス・ゲストハウス連盟」
http://japansharehouseorganization.com/
(2016年12月15日確認)

[事例作成日:平成28年12月15日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
大家さん!これからの不動産投資は「ゲストハウス・シェアハウス」が絶対お得です! 柏木/珠希∥著 秀和システム 2010.1
これからのシェアハウスビジネス 三浦/展‖共著 住宅新報社 2014.8
利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 仲尾/正人‖著 セルバ出版 2014.4
申込殺到!のシェアハウスのつくりかた 細山/勝紀∥著 自由国民社 2013.5 (p.60-65)
シェアハウスで蘇る!不動産“新”ビジネス 水谷/紀枝∥著 ロコモーションパブリッシング 2009.5
ゲストハウス白書 2008 [ひつじインキュベーション・スクエア] [2008]
ゲストハウスに住もう! 今/一生∥著 晶文社 2004.12 (p.133-191)
LIFEWORK 小倉/崇∥著 祥伝社 2013.6 (p.60-65)
金沢世界都市構想における多文化共生社会の実現に向けて 金沢まちづくり市民研究機構7Bグループ 2010.9 (p.B28-B29)
月刊不動産フォーラム21 不動産流通推進センター 305号(2015年9月号) (p.7-11)
http://japansharehouseorganization.com/  (日本シェアハウス・ゲストハウス連盟)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000211223解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決