このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210868
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17021512483790
事例作成日
(Creation date)
2017/1/31登録日時
(Registration date)
2017年03月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「72の法則」または「70の法則」における「72」「70」の根拠を知りたい。
回答
(Answer)
「72の法則」は「資産を複利運用する上で、固定金利の場合、元金が2倍になるには何年かかるかを計算する時の、便法」であり、「72÷利子率=お金が倍になる年数」という式で表される(『必ず役立つ!「○○の法則」事典』p.20)。

「72」である理由は、論文「「72の法則」の導出」によると、複利計算、高校数学の「対数(自然対数)」、さらに「近似式」等を用いて導出できる。本論文では数式を用いて導出・証明を行っている。
ほか、『経済学で出る数学』p.75-77、『父が息子に語るマクロ経済学』p.32-34(本書は「70の法則」として解説)でも簡素に解説されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済学.経済思想  (331 9版)
参考資料
(Reference materials)
松浦利治「「72の法則」の導出 複利で元利合計が2倍になる年数の目安を得る演習問題として」『宇部工業高等専門学校研究報告』57,2011.3,p.29-31.
尾山大輔・安田洋祐 編著『経済学で出る数学 改訂版』 日本評論社,2013,7,371pp. 参照はp.75-77.
齊藤誠『父が息子に語るマクロ経済学』 勁草書房,2014,8,358pp. 参照はp.32-34.
烏賀陽正弘『必ず役立つ!「○○の法則」事典 PHP文庫』 PHP研究所,2012,252p. 参照はp.20.
キーワード
(Keywords)
72の法則
70の法則
経済数学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017021512454383790
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000210868解決/未解決
(Resolved / Unresolved)